コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラシャスタパーダ Praśastapāda

世界大百科事典 第2版の解説

プラシャスタパーダ【Praśastapāda】

450‐500ころ
インドのバイシェーシカ学派学匠。この学派の根本経典である《バイシェーシカ・スートラ》に対して,綱要書ともいうべき注釈書《諸原理と法との綱要(パダールタダルマ・サングラハPadārthadharma‐saṅgraha)》(別名《プラシャスタパーダ・バーシヤPraśastapāda‐bhāṣya》)を著した。この中で彼は,六原理を明確化し,主宰神を体系の中に組み入れ,知識論を整備し,後世の同学派,ならびにニヤーヤ学派の体系に決定的な影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラシャスタパーダ

パダールタダルマ・サングラハ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプラシャスタパーダの言及

【原子論】より

…原子は直接知覚によってはとらえられぬが不変不滅のものであり,その最初の運動は人間の知りえぬある力によっておこるとした。この原子論を体系づけたのが6世紀のこの派の哲学者プラシャスタパーダで,彼はその著《句義法綱要》のなかで,実体の大きさについて原子が不可分割の最小単位で不変不滅のものであると規定し,変化し滅することのあるものはすべて2原子体dvyanukā以上のものと名づけた。そのほか運動結合の力などについては古来の説を集成したものである。…

【バイシェーシカ学派】より

…この派の根本テキスト《バイシェーシカ・スートラ》は彼の作であることになっているが,実際には2~3世紀ころに現在の形に整えられたものである。4~5世紀ころに学匠プラシャスタパーダが現れ,〈スートラ〉に対する注釈的綱要書《句義法綱要》(別名《プラシャスタパーダ・バーシャ》)を著し,バイシェーシカ説を一応の完成の域に高めた。 この派は,〈語の意味するところ〉を原義とする句義についての説を展開した。…

※「プラシャスタパーダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラシャスタパーダの関連キーワードバイシェーシカ・スートラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android