コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスチック爆弾 プラスチックばくだんplastic bomb

翻訳|plastic bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスチック爆弾
プラスチックばくだん
plastic bomb

手投げ弾などに使う普通の火薬ゴムを練合せたもので,外見プラスチックに似ているので,この名がある。かなり安定な爆薬で,信管を装置しなければ爆発しない。持運びが便利で,粘土のように自由に変形できる。威力は TNT火薬なみである。第2次世界大戦中アメリカ軍が開発したもので都市ゲリラなどが使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プラスチック‐ばくだん【プラスチック爆弾】

火薬とゴムを練り合わせて作った爆弾。第二次大戦中に米軍が開発。外見がプラスチックに似て、変形できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プラスチックばくだん【プラスチック爆弾】

爆薬とゴム状化合物を練り合わせた爆発物。可塑性があり、自由に成型できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プラスチック爆弾の関連キーワード手投げ弾爆発物可塑性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android