プラスチック爆弾(読み)プラスチックばくだん(英語表記)plastic bomb

翻訳|plastic bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスチック爆弾
プラスチックばくだん
plastic bomb

手投げ弾などに使う普通の火薬ゴムを練合せたもので,外見プラスチックに似ているので,この名がある。かなり安定な爆薬で,信管を装置しなければ爆発しない。持運びが便利で,粘土のように自由に変形できる。威力は TNT火薬なみである。第2次世界大戦中アメリカ軍が開発したもので都市ゲリラなどが使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

プラスチックばくだん【プラスチック爆弾】

爆薬とゴム状化合物を練り合わせた爆発物。可塑性があり、自由に成型できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

プラスチック‐ばくだん【プラスチック爆弾】

〘名〙 第二次世界大戦中、アメリカ陸軍が開発した可塑性爆薬(弾)。高性能爆薬にゴム状の化合物を練り合わせ、常温で粘土のようにこねて自由に成型できる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラスチック爆弾の関連情報