コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラストマー plastomer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラストマー
ぷらすとまー
plastomer

常温付近で可塑性plasticityを示す物質、すなわち、外力に対して破壊することなく変形し、外力が除かれたのちも変形が保たれる塑性物質あるいは塑性体である。高分子物質をその物理的性質によって分類する一方式として、外力が除かれるとただちに変形が元に戻るゴム弾性体(エラストマー)に対比して用いる。高分子材料は一般に加熱あるいは外力による可塑性を利用して成形品にする。[福田和吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプラストマーの言及

【エラストマー】より

…顕著な弾性をもつ高分子物質の総称で,物性面から高分子物質を分類する方式の一つによる分類である。これに対し,塑性を示す高分子物質はプラストマーplastomerとよばれる。エラストマーは,小さな応力でかなり大きな変形をおこし,応力を除去したときその変形から急速にほとんど元の形にまで戻ろうとする,いわゆるゴム状弾性を示す高分子物質で,だいたいにおいて加硫ゴムはエラストマーに分類される。…

※「プラストマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プラストマーの関連キーワード新プラスチック高分子化合物

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android