プリアプルス類(読み)ぷりあぷるするい

日本大百科全書(ニッポニカ)「プリアプルス類」の解説

プリアプルス類
ぷりあぷるするい

袋形(たいけい)動物門プリアプルス綱プリアプルス目Priapulusに属する動物の総称。この動物群は、体の後端にえら状(房状)の付属物をもつので、かつてはエラヒキムシまたはオフンムシとよばれていた。体長2~3センチメートルで、外形は円柱状。体の前半部は伸縮自在の(ふん)となり、その表面には小さい棘(とげ)を備える。この形態や、咽頭(いんとう)部と腹部における神経系はホシムシ類に似るが、プリアプルス類は血管系を欠くこと、消化器官が直線的で、体後部に原腎管(げんじんかん)と生殖巣からなるえら状の付属物をもつことなどで異なる。雌雄異体であるが、なかには雌雄で形態が異なる(性的二型、雌雄二型)ものもある(タビルシウス属Tubiluchusなど)。幼生時は被甲をもち、脱皮も行う。プリアプルス科には4属があり、そのうちのプリアプルス属には約10種が知られている。この仲間は、吻の部分が体長の3分の1から5分の1あり、えら状付属物の数は1、2個である。海浜の軟泥中やサンゴ砂にすむ。

[鈴木 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android