プリングル病(読み)プリングルびょう(英語表記)Pringle's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリングル病
プリングルびょう
Pringle's disease

ブルヌビーユ=プリングル病ともいう。脂腺腫,結節性 (脳) 硬化症も同義的に用いられている。全身性母斑症に属する遺伝性疾患。以下の病変が認められる。 (1) 皮膚病変 顔面に両頬や鼻を中心として多発する赤褐色の脂腺腫,躯幹に生じる境界鮮明な隆起革様皮膚,爪の下や爪のまわりに出る線維腫,口腔粘膜の線維腫様病変,白毛および葉状の白斑など。 (2) 中枢神経病変 結節性 (脳) 硬化症があり,しばしばけいれん発作,てんかん発作,知能障害がみられる。 (3) 内臓その他の病変 嚢腫腎,腎臓の血管結合組織性腫瘍のほか,子宮,腸,心臓などの混合腫瘍,網膜のグリオーマ,線維性骨炎などがみられる。 D.ブルヌビーユはフランスの医師 (1840~1909) ,J.プリングルはイギリスの皮膚科医 (1855~1922) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android