躯幹(読み)くかん

精選版 日本国語大辞典「躯幹」の解説

く‐かん【躯幹】

〘名〙
① からだの主要部。頭部と四肢を除いた部分。胴。胴体。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「後来の命運は、各その心思の才、の力は任せたり」
② 体格。体躯。からだ。なり。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「躯幹軽捷にして面は美玉の如く風采殊に秀異なるが」 〔杜甫‐送韋評事充同谷判官詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「躯幹」の解説

く‐かん【×躯幹】

からだ。また、頭と手足を除いた胴体部分。
「―軽捷にして、面は美玉の如く」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android