コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線維腫 せんいしゅ fibroma

翻訳|fibroma

3件 の用語解説(線維腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線維腫
せんいしゅ
fibroma

結合組織細胞と結合組織線維によって構成される良性腫瘍。結節性,限局性であるが,びまん性を示すこともある。線維成分が多く細胞成分の少い硬性線維腫と,線維成分が少く軟らかい軟性線維腫がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんい‐しゅ〔センヰ‐〕【線維腫/繊維腫】

膠原(こうげん)線維の異常によって起こる良性腫瘍(しゅよう)。フィブローマ。線維腫症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線維腫
せんいしゅ

腫瘍(しゅよう)の一つで、分類上では良性非上皮性腫瘍に属する。線維細胞および結合織線維を実質とする腫瘍で、肉眼的には境界の明瞭(めいりょう)でないびまん性の発育をするものと、結節性あるいはポリープ状の発育をするものとがあり、腫瘍の割面は灰白色で、組織学的には種々の方向に走行する結合織線維からなっていることが認められる。線維成分が多く密なものは硬い硬度を呈し、硬性線維腫といわれ、線維成分が少なくまばらで細胞成分に富むものは軟らかく軟性線維腫とよばれる。線維腫には、ときに二次的に石灰変性あるいは骨化を伴い、さらに硬度を増すことがある。線維腫は、結合織線維が存する組織・臓器のすべてから発生する可能性があるが、皮膚、皮下、鼻咽頭腔(いんとうくう)、筋膜、卵巣、骨膜などに好んで発生する。線維腫が多発する場合を一般に線維腫症という。また、局所に結合織成分が増加するときでも、腫瘍としての性格がなければ線維症、線維化とよび、線維腫とは区別される。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線維腫の関連キーワード結合組織骨組織膜骨線維細胞線維組織弾性線維線維性結合組織線(繊)維芽細胞結合組織細胞結合組織性骨化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

線維腫の関連情報