コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合腫瘍 こんごうしゅようmixed tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混合腫瘍
こんごうしゅよう
mixed tumor

1つの腫瘍のなかに2つ以上の異なる腫瘍組織が存在するものをいう。構成成分によって間葉性混合腫瘍 (結合組織,脂肪組織,骨組織などが混在するもの) ,中胚葉性混合腫瘍 (腎芽腫子宮内膜の中胚葉性混合腫瘍など) ,奇形腫 (3胚葉性混合腫瘍) の3種に分類される。それぞれ成熟型と未熟型とがあり,混合腫瘍の多くは良性であるが,未熟型は悪性である。なお,混合腫瘍の代表といわれる唾液腺混合腫瘍では上皮成分と,粘液,軟骨様組織などの非上皮性成分が混り合っているが,後者は上皮分泌物の変性によるものであるから,真の混合腫瘍ではなく,現在では多形腺腫と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android