コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合腫瘍 こんごうしゅようmixed tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混合腫瘍
こんごうしゅよう
mixed tumor

1つの腫瘍のなかに2つ以上の異なる腫瘍組織が存在するものをいう。構成成分によって間葉性混合腫瘍 (結合組織,脂肪組織,骨組織などが混在するもの) ,中胚葉性混合腫瘍 (腎芽腫子宮内膜の中胚葉性混合腫瘍など) ,奇形腫 (3胚葉性混合腫瘍) の3種に分類される。それぞれ成熟型と未熟型とがあり,混合腫瘍の多くは良性であるが,未熟型は悪性である。なお,混合腫瘍の代表といわれる唾液腺混合腫瘍では上皮成分と,粘液,軟骨様組織などの非上皮性成分が混り合っているが,後者は上皮分泌物の変性によるものであるから,真の混合腫瘍ではなく,現在では多形腺腫と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

混合腫瘍の関連キーワードプリングル病唾液腺腫瘍過誤腫粘液腫癌肉腫こぶ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android