プレアビヒア寺院(読み)プレアビヒアジイン

デジタル大辞泉の解説

プレアビヒア‐じいん〔‐ジヰン〕【プレアビヒア寺院】

Preah Vihear》カンボジア北端にあるクメール王朝時代の石造寺院の遺跡タイとの国境にあるダンレック山地の北斜面に位置する。9世紀末、ヤショーバルマン1世によりヒンズー教寺院として建立され、のちに仏教寺院となった。タイ領ではプラサートプラウィハーンとよばれ、カオプラウィハーン国立公園に指定。2008年に世界遺産(文化遺産)に登録。
[補説]第二次大戦中からタイとカンボジアが同寺院を含む地域の領有権を争い、2008年と2011年に両国の間で遺跡の帰属をめぐって武力衝突が起こった。2013年、国際司法裁判所カンボジア領と認定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレアビヒア寺院の関連情報