コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレグナンツの法則 プレグナンツのほうそくGesetz der Prägnanz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレグナンツの法則
プレグナンツのほうそく
Gesetz der Prägnanz

事物や図形を知覚したり,記憶したりする際に,それらが,そのときの条件の許すかぎり,簡潔化された規則的な形態ないし構造をもつものとして把握される傾向があることをさす。 M.ウェルトハイマーによって提出された一般的原理で,簡潔化の法則とも呼ばれる。ゲシュタルト要因はこの法則の具体的な現れとみなすことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プレグナンツの法則の関連キーワードゲシュタルト心理学事物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android