コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレゼン面接

1件 の用語解説(プレゼン面接の意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

プレゼン面接

あるテーマが与えられ、それについて自由に自分の考えをプレゼンテーションする形式の面接。テーマは「自己PR」や「大学時代の専攻について」「この会社でやりたいこと」などが一般的。質疑応答形式では、ハウツー本の受け売りでマニュアル通りの受け答えをする学生が増えたため、より深く人となりや思考力、個性がわかるプレゼン面接を取り入れる企業が多くなってきたのです。質疑応答形式の面接と違って話す時間が長いので、話の中身はもちろん、話し方、話すスピード、身だしなみ、しぐさなど細かく観察されます。また、最低10分程度は話せるような説得力のある内容を用意し、レジュメも準備しなければなりません。ノートパソコン持参でパワーポイントを使って説明する学生が多いのですが、プロジェクターの用意がないことも想定して、プリントアウトした資料も用意したほうがいいでしょう。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プレゼン面接の関連キーワード自由連想法オープンリールそれにテーパーリーマー判断力ペナルティーエリアボルテージスイベル機構オープンパネルテストブレインストーミング法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone