コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロスケニオン proskēnion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロスケニオン
proskēnion

古代ギリシアの劇場において,後方のスケネ (背景でもある楽屋の外壁) と左右のパラスケニア (スケネから前方に張出した袖) によって区切られ,オーケストラ (円形空間) から一段高くなった舞台。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプロスケニオンの言及

【劇場】より

…〈劇場〉の語源)が取り囲むものであった。ヘレニズム期までには,オルケストラ背後の人工の高台にスケネskēnēと呼ばれる楽屋としての機能をもつ建物が造られ,その高台上のスケネ前の奥行きの浅い空間プロスケニオンproskēnionが俳優の演技の場として確立した。この時期の劇場のようすを知る好例はギリシアのエピダウロスの劇場の遺構(前4世紀)である。…

※「プロスケニオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プロスケニオンの関連キーワードギリシア演劇プロセニアム

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android