コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトミロナイト protomylonite

1件 の用語解説(プロトミロナイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

プロトミロナイト

肉眼で見える粒子でできた圧砕角礫岩で,粒子は一般にレンズ状でわずかに原岩のもとの構造を残す.風化面では礫岩あるいはアルコースに類似する.無数の肉眼的な滑り面が見られるのが普通[Backlund : 1918, Waters & Campbell : 1935].砕残偽斑晶(porphyroclast)が全体の半分以上を占める圧砕岩[Barker : 1990].球状ミロナイト(nodular mylonite)[Raguin : 1925].→角礫状破砕岩

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロトミロナイトの関連キーワード圧砕性礫質岩圧砕角礫岩エッジワイズ角礫岩自破砕角礫岩滑り角礫岩変位角礫岩摩擦角礫岩微角礫岩ピュレ・パフェルッチ角礫岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone