コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトミロナイト protomylonite

岩石学辞典の解説

プロトミロナイト

肉眼で見える粒子でできた圧砕角礫岩で,粒子は一般にレンズ状でわずかに原岩のもとの構造を残す.風化面では礫岩あるいはアルコースに類似する.無数の肉眼的な滑り面が見られるのが普通[Backlund : 1918, Waters & Campbell : 1935].砕残偽斑晶(porphyroclast)が全体の半分以上を占める圧砕岩[Barker : 1990].球状ミロナイト(nodular mylonite)[Raguin : 1925].→角礫状破砕岩

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android