コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロピュライア propylaia

3件 の用語解説(プロピュライアの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

プロピュライア【propylaia】

ギリシャ建築で、神殿や宮殿などに通ずる入り口の門。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロピュライア

古代ギリシア建築において,神殿に通じる前門をいう。固有名詞としてはアテナイのアクロポリスの西端にある門を指す。前437年―前433年にムネシクレスが建築。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロピュライア【propylaia】

ギリシアの,神殿を中心とした聖域入口に建てられる門をいう。固有名詞としては,アテナイのアクロポリスの西端にある門で,ムネシクレスの設計になる巨大な建築物(幅約50m)をいう。パルテノン完成後に着手,ペロポネソス戦争の勃発により未完成に終わった(前437‐前432)。その構造は前面背面とも6本のドリス式円柱をもつ神殿形式で,内部通路の両側には各3本のイオニア式円柱が並ぶ。西正面に張り出すように,南北に翼室が付属し,大きいプランの北翼は,絵画館pinakothēkēであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロピュライアの関連キーワードケラ隣保同盟ギリシャ神話ギリシャ正教会アテナニケ神殿ゼウス神殿Προπύλαιαギリシア棺謀殺事件ハジダキスバッサイのアポロ-エピクリオス神殿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone