プロピュライア(英語表記)propylaia

大辞林 第三版の解説

プロピュライア【propylaia】

ギリシャ建築で、神殿や宮殿などに通ずる入り口の門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロピュライア【propylaia】

ギリシアの,神殿を中心とした聖域入口に建てられる門をいう。固有名詞としては,アテナイのアクロポリスの西端にある門で,ムネシクレスの設計になる巨大な建築物(幅約50m)をいう。パルテノン完成後に着手,ペロポネソス戦争の勃発により未完成に終わった(前437‐前432)。その構造は前面背面とも6本のドリス式円柱をもつ神殿形式で,内部通路の両側には各3本のイオニア式円柱が並ぶ。西正面に張り出すように,南北に翼室が付属し,大きいプランの北翼は,絵画館pinakothēkēであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android