コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有名詞 コユウメイシ

デジタル大辞泉の解説

こゆう‐めいし〔コイウ‐〕【固有名詞】

名詞の一。同じ種類に属する事物から一つの事物を区別するために、それのみに与えられた名称を表す語。人名・地名・国名・書名・建造物・年号などの類。→普通名詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こゆうめいし【固有名詞】

名詞の下位区分の一。同じ種類に属する他のものから区別するために、そのものだけに付けた名を表す語。人名・地名・国名・書名・曲名・会社名・団体名などの類。 → 普通名詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固有名詞
こゆうめいし

同一の部類に属する個々の事物を他と区別するために、それぞれに与えられる特有の名称。たとえば人名、地名、国名、団体名、商品名の類で、文法的には名詞の一類として扱われる。英語などのヨーロッパ語では頭文字大文字で書くが、日本語でもローマ字書きするときに頭文字を大文字にするのは、これに倣ってのことである。
 固有名は、本来、個々の事物によってすべて異なるはずであるが、たとえば同じ「ひかり」という名称が、列車名にも、たばこの名にも用いられて差し支えないのは、両者が類を異にするものだからである。同姓、同名は区別のためには望ましくないのだが、命名にいくつかのパターンがあるためにおこる偶然の一致で、やむをえない。「太陽」などは一個の事物特有の名であるけれども、もともと太陽はただ一つしか存在せず、他の同類と区別する必要のないものだから、これは固有名詞ではない。
 一般に、普通名詞は、いくつかの事物の属性の共通性に着目して、これを同一の範疇(はんちゅう)にくくって命名したものだから、その意味は概念的、普遍的なものであり、要約して記述することも可能である。これに対して固有名詞は、単なる認知のための標識にすぎず、自身ではなんの意味をも表さないようにみえるけれども、本来これは、ある限定された場面において、特定の個を指示するためのものであって、そういう場面においては、きわめて具体的、個別的な豊富な情報を聞き手に提供するものである。「太閤(たいこう)」(秀吉)、「お大師さん」(空海)のように、普通名詞が固有名詞化した場合などに、その事情はよくうかがえる。[阪倉篤義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の固有名詞の言及

【名】より

…そして,それは名の持つ明快性を減少させる一方で,人間文化の内容をよりいっそう豊かなものにしているともいえる。 しかし,そのような中で固有名詞は例外的な存在であり,たとえばある人の名は(原則的に)その人以外を指し示すことがない。その意味で固有名詞というものは,有限の手段によってあらゆるものを名指すことのできる創造的な仕組みとしての自然言語の中で,拡大や転用とは無縁な一対一対応の(その意味で信号(シニャール)的な)特殊性を帯びているが,ロシアの記号論学者Yu.M.ロートマンらも指摘したように,逆にそれゆえにこそ,固有名詞は他の言葉以上に対象そのものを喚起する力を持っている。…

※「固有名詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

固有名詞の関連キーワード単語登録/用例登録メッツォジョルノJIS漢字コードNariTraディグ・イットプロピュライア複合語変換詳細漢字変換モードエトルリア語メッサピア語メガロポリスマケドニア語天の川銀河イベリア語西域同文志荒雄・荒男ことばの泉キリスト官省符荘一般法学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固有名詞の関連情報