コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーシキン国立美術館 プーシキンこくりつびじゅつかんGosudarstvenny Muzey Izobrazitelnykh Iskusstv Imini A. S. Pushkina, Moskva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーシキン国立美術館
プーシキンこくりつびじゅつかん
Gosudarstvenny Muzey Izobrazitelnykh Iskusstv Imini A. S. Pushkina, Moskva

ロシアの国立美術館。モスクワ大学付属アレクサンドル3世美術館として,1912年モスクワに設立,37年から現名称。新古典主義様式の建物は 19世紀初頭のもの。古代エジプト,ギリシア,それに黒海沿岸出土のスキタイ美術など,考古学的なコレクションもあるが,中心はルネサンス以後の西ヨーロッパ絵画。ボティチェリルーベンス,レンブラントらのほか,特にプーサン,C.ロランから 20世紀初頭にいたるフランス絵画のコレクションで知られる。印象派以後第1次世界大戦にいたるフランスの主要な作家はほとんど網羅されているが,これらの基礎となったのが,48年にエルミタージュ美術館などから移管されたシチューキン,モロゾフの2つの個人コレクションである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プーシキン国立美術館の関連キーワードトレチヤコフ国立美術館

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android