プーン・チョロム(英語表記)Pung Cholom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーン・チョロム
Pung Cholom

インド,マニプル地方の儀礼舞踊。結婚式や誕生などの祝日,祖先崇拝の儀式などで演じられる。男性がプーン (太鼓) を右肩から下げ,足をリズムに合せて高く上げながらプーンを打ち,激しく回転したり,膝をついて何度も回る。複雑なリズムによってさまざまな身体の動きがみられる。シンバルを使ったものはカルタル・チョロムといい,またドール (丸い太鼓) を打ちながらはね回り,恍惚状態でリズムを奏でるドール・チョロムもある。これは春祭りホーリのときに男性だけで演じられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android