コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘグム(奚琴) ヘグム

百科事典マイペディアの解説

ヘグム(奚琴)【ヘグム】

朝鮮半島の2弦の弓奏楽器。2弦の間に挿入した馬尾毛の弓で擦奏。胡弓の一種。モンゴル起源の楽器とされている。15世紀末まではヒャンアク(郷楽)でのみ用いられた。現在では唐楽(タンアク)でも用いられる。アジェン(牙箏)同様,音が持続するので管楽器扱いされてカナク(管楽)に用いられる。シナウィや民謡,サンジョー(散調)の民俗音楽でも用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ヘグム(奚琴)の関連キーワードヒャンアク(郷楽)サンジョー(散調)朝鮮半島奚琴

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android