コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散調 さんぢょう sanjo

4件 の用語解説(散調の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散調
さんぢょう
sanjo

朝鮮の器楽様式。 19世紀末から民間で発生,普及した器楽独奏曲で玄琴,伽 倻琴 (かやきん) ,大琴 (たいきん) の散調があり,いずれも杖鼓の伴奏を伴う。散調は基本的には,緩,中庸,急の3楽章から成るが,間に2,3の楽章を加えて5あるいは6楽章とすることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

散調【さんちょう】

サンジョー(散調)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぢょう【散調】

朝鮮の独奏楽器のための楽曲形式で,独特のリズム型(長短(チヤンダン))にもとづく数個の楽章からなり,一般に杖鼓の伴奏がつく。19世紀後半に,全羅南道出身の金昌祚(1865‐1920)が散調としての音楽を確立したといわれるが,その楽曲構造や独特の旋律や器楽的な技巧の類似から,全羅道に古くから伝わる巫楽(シナウィ)という即興的に演奏される器楽合奏の影響を受けて発展させた音楽といえる。つづいて,多くの名手が出現し,それら作曲者名をつけた散調の演奏が広く普及し,とくに金竹坡流,沈相健流,成錦鳶流などは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散調
さんぢょう / サンジョー

朝鮮半島の代表的な器楽独奏音楽。半島南部の全羅南道(ぜんらなんどう/チョルラナムド)を中心に栄えた器楽合奏の巫楽(シナウイ)と語物のパンソリの影響を受けて発達した。ソロ楽器と杖鼓(じょうこ)によるリズム伴奏との変奏形式の曲で、今日では伽(かやきん)による伽琴散調がもっとも一般的である。これは1890年ころ金昌祚(キムチャンジョ)によってつくられたといわれ、もっとも広い音域と多彩な調をそろえている。ほかに玄琴(げんきん)散調、大(たいしん)散調、最近では(ピリ)散調、牙箏(がそう)散調なども演奏される。それぞれに流派があり、人名をつけて○○流散調とよばれる。
 基本的には、チンヤンジョ(緩)、チュンモリ(中庸)、チャジンモリ(急)の3楽章からなり、さらにチュンモリのあとにチュンジュンモリ、チャジンモリのあとにヒモリ、タンモリなどが加わる。各楽章は楽章名の示す長短(チャンダン)とよぶリズム型を用い、テンポの遅いチンヤンジョから速いタンモリまで、休まずに演奏される。緩、中庸楽章ではビブラートから出る微分音が効果的に奏され、急楽章ではシンコペーションや拍子が途中で変化するヘミオラなどの複雑なリズムが駆使される。[原谷治美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の散調の言及

【箏】より

…また,李朝後期以後歌詞を失って器楽化した《霊山会相》や《与民楽》などの器楽曲でも伽倻琴が活躍している。19世紀末より発達した民俗楽の〈散調(さんぢよう)〉はまず伽倻琴用の楽曲から始まった。民俗楽特有の速い楽句を奏する必要性から,伽倻琴はやや小型で胴の幅が狭くなり弦と弦の間も狭められた。…

【朝鮮音楽】より

…18世紀にいたると,時調や詩文学の繁栄に伴い,歌曲の歌辞(詞),時調と呼ばれる芸術的な声楽が確立し,民衆の中では,パンソリと呼ぶ語り物音楽が発達し,多くのパンソリの名歌手が出現した。一方器楽にも〈散調(さんぢよう)〉という独奏楽器のための楽曲形式がおこり,宮廷音楽も含めて,器楽も声楽も民族音楽の大成期を成した。(6)1910年以後の日本統治時代 朝鮮固有の音楽や芸能は尊重されず,受難期であった。…

※「散調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

散調の関連キーワード協奏曲ビオラペンデレツキ本曲独奏弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽13管楽器のためのセレナードメタモルフォーゼン《十一楽器のためのラグタイム》《朝鮮の自由のための闘い》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

散調の関連情報