コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘディーウ khidīw

世界大百科事典 第2版の解説

ヘディーウ【khidīw】

オスマン帝国の宗主権下に事実上の独立を達成したエジプトのムハンマド・アリー朝の支配者に与えられた称号。副王などとも訳される。トルコ語ではヘディウhediv。ペルシア語で〈支配者〉を意味し,古くから若干のイスラム系王朝で君主の称号として用いられていた。オスマン帝国では,1841年以来エジプトのワーリー(総督)職をムハンマド・アリーの一族が世襲することを認めていたが,67年にスルタン,アブデュルアジーズは,ムハンマド・アリーの孫のイスマーイール・パシャに新たにヘディーウの称号を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘディーウの言及

【ムハンマド・アリー朝】より

…メフメト・アリー朝ともいう。その公式な政体は,1914年まではオスマン帝国の属州(統治者の正式名称はワーリーwālī,1867年以後ヘディーウ),1914年から22年まではイギリス保護国(同,スルタン),そして22年以降は王国(同,マリク)。 1840年のロンドン四ヵ国条約締結は,ムハンマド・アリー一族によるエジプト総督の世襲化の道を開いたが,このことは同時に,ムハンマド・アリーによる国内産業独占政策の放棄と,西欧資本主義に対するエジプト国内市場の開放をも意味した。…

※「ヘディーウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘディーウの関連キーワードアブド・アッラーフ・アンナディームムハンマド・アリーサード・ザグルールアラービー運動エジプト太守サンヌーアシャウキー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android