ヘブリディーズ[諸島](読み)ヘブリディーズ

百科事典マイペディアの解説

ヘブリディーズ[諸島]【ヘブリディーズ】

英国,スコットランド西岸の約500島からなる島群。小ミンチ海峡をはさんで外側のルイス,ノース・ウイスト,サウス・ウイストなどの島々アウター・ヘブリディーズと呼ばれ,スカイ,マル,ラムなど内側の島々はインナー・ヘブリディーズと呼ばれる。湿潤多雨で穀物栽培に不適,漁業と粗放な牧畜が行われる。6世紀以降しばしばスカンジナビア人に侵入され,1266年の条約でスコットランド領に編入されるまでノルウェー領であった。手紡ぎ手織りのハリス・ツイードの産地でもある。総面積約7500km2。約4万8500人(1981)。なお,アウター・ヘブリディーズに属するセント・キルダ島は鳥類のサンクチュアリーとされ,1986年世界自然遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘブリディーズ[諸島]【Hebrides】

イギリス,スコットランド北西岸沖から西岸沖にある諸島。ローマ時代にはエブダイまたはヘブーデス諸島と呼ばれ,現在はウェスタン諸島Western Islesの別称を有する。北緯55゜35′から58゜30′にかけて南北に細長くのびる約500の島々から構成され,総面積約7500km2,人口約4万8500(1981)。諸島はインナー・ヘブリディーズとアウター・ヘブリディーズに大きく区分される。前者は狭い水道を隔ててスコットランド本土に近接し,スカイ,マル,アイレーとジュラの各島を中心とする3グループから構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘブリディーズ[諸島]の言及

【イギリス】より

…こうした自然のため不毛地が広く,粗放的牧羊とエンバクの栽培がみられるにすぎない。またヘブリディーズ諸島など周辺島嶼も漁業と牧羊を中心とする過疎地域であったが,北海油田の開発に伴ってシェトランド諸島,オークニー諸島には原油基地が建設され,地域開発が推進されている。(2)中部 南北を断層線で画された低地帯で,スコットランドの政治・経済の中心地をなす。…

※「ヘブリディーズ[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android