ジェレミー ウォザースプーン(英語表記)Jeremy Wotherspoon

  • Jeremy Lee Wotherspoon
  • スピードスケート

最新 世界スポーツ人名事典の解説

スピードスケート選手
生年月日:1976年10月26日
国籍:カナダ
出生地:アルバータ州
学歴:カルガリー大学
経歴:小学2年の時に友達に誘われてスピードスケートを始める。1996年カナダのナショナルチーム入り。ジュニアの星として頭角を現し、同年男子500メートルと1000メートルで世界ジュニア記録を樹立。’97年カナダ選手権の500メートル、1000メートルで世界記録を樹立。’98年長野五輪は500メートルで清水宏保に敗れ銀メダル、1000メートル6位。’97〜98年W杯500メートルで4勝し種目別総合優勝。’99年世界スプリント選手権500メートルで34秒76の世界記録を樹立、1000メートルでも2位となり初の総合優勝を飾る。2000年1月W杯カルガリー大会500メートルで34秒63の世界記録をマークし優勝。同年3月五輪オーバルフィナーレ1000メートルで1分8秒35の世界記録をマークし優勝。2001年世界距離別選手権1000メートルで優勝。2002年ソルトレークシティ五輪500メートルは優勝候補と目されていたが、スタート直後に転倒し棄権、1000メートルも13位に終わった。2006年トリノ五輪は500メートル9位、1000メートル11位。2007年11月W杯開幕戦の500メートルで世界記録を0秒22更新する34秒03で優勝、W杯男子歴代最多記録を更新する通算58勝目だった。2008〜2009年シーズンはW杯開幕戦で転倒して左腕を骨折。33歳で出場した2010年のバンクーバー五輪は500メートル9位、1000メートル14位に終わる。その後引退するが、2013年復帰を表明。W杯史上最多の通算67勝(500メートル49勝,1000メートル18勝)。世界スプリント選手権総合優勝4回。男子500メートル世界記録保持者。190センチ、85キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
スピードスケート選手 長野五輪銀メダリスト

国籍
カナダ

生年月日
1976年10月26日

出生地
アルバータ州

学歴
カルガリー大学

経歴
小学2年の時に友達に誘われてスピードスケートを始める。1996年カナダのナショナルチーム入り。ジュニアの星として頭角を現し、同年男子500メートルと1000メートルで世界ジュニア記録を樹立。’97年カナダ選手権の500メートル、1000メートルで世界記録を樹立。’98年長野五輪は500メートルで清水宏保に敗れ銀メダル、1000メートル6位。’97〜98年W杯500メートルで4勝し種目別総合優勝。’99年世界スプリント選手権500メートルで34秒76の世界記録を樹立、1000メートルでも2位となり初の総合優勝を飾る。2000年1月W杯カルガリー大会500メートルで34秒63の世界記録をマークし優勝。同年3月五輪オーバルフィナーレ1000メートルで1分8秒35の世界記録をマークし優勝。2001年世界距離別選手権1000メートルで優勝。2002年ソルトレークシティ五輪500メートルは優勝候補と目されていたが、スタート直後に転倒し棄権、1000メートルも13位に終わった。2006年トリノ五輪は500メートル9位、1000メートル11位。2007年11月W杯開幕戦の500メートルで世界記録を0秒22更新する34秒03で優勝、W杯男子歴代最多記録を更新する通算58勝目だった。2008〜2009年シーズンはW杯開幕戦で転倒して左腕を骨折。33歳で出場した2010年のバンクーバー五輪は500メートル9位、1000メートル14位に終わる。その後引退するが、2013年復帰を表明。W杯史上最多の通算67勝(500メートル49勝,1000メートル18勝)。世界スプリント選手権総合優勝4回。男子500メートル世界記録保持者。190センチ、85キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android