コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘメーンリンナ Hämeenlinna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘメーンリンナ
Hämeenlinna

フィンランド南部,ヘメ県県都。 1639年に市とされ,1862年フィンランド最初の鉄道の北端の駅となった。ルネサンス様式の市庁舎,市立美術館,教員養成大学,科学館などがある。作曲家 J.シベリウスの生地。観光地アウランコ公園も近い。繊維,皮革加工,ゴム加工などの産業が盛ん。人口4万 3749 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android