コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘメーンリンナ ヘメーンリンナHämeenlinna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘメーンリンナ
Hämeenlinna

フィンランド南部,ヘメ県の県都。 1639年に市とされ,1862年フィンランド最初の鉄道の北端の駅となった。ルネサンス様式の市庁舎,市立美術館教員養成大学,科学館などがある。作曲家 J.シベリウスの生地。観光地アウランコ公園も近い。繊維,皮革加工,ゴム加工などの産業が盛ん。人口4万 3749 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘメーンリンナの関連キーワード鎖国モレホン松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス鎖国松花堂昭乗モンフルーリ会津騒動