ヘリウムネオンレーザー(英語表記)helium-neon laser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヘリウムネオンレーザー」の解説

ヘリウムネオンレーザー
helium-neon laser

ヘリウムネオン混合ガスを用いた代表的な気体レーザー。 1960年波長 1.153 μm ほか5本の赤外波長で初めて発振が実現された。可視では波長 0.633μm の赤い光を連続的に発振する。 0.1~100mW と比較的小出力であるが,安定性にすぐれ,寿命真空管と同じくらい長く,可干渉性の光源として手軽に利用でき,広く普及している。ポンピンググロー放電による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android