コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発振 ハッシン

デジタル大辞泉の解説

はっ‐しん【発振】

[名](スル)振動を発生すること。電気振動についていうことが多い。「発振器」「発振回路」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

発振【はっしん】

電気回路外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象。実際には回路の抵抗のため振動は減衰するので,その分だけ外部からエネルギーを補給する。増幅された出力の一部が適当な位相と大きさで正帰還帰還)された場合などに起こる。
→関連項目共振発振回路

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はっしん【発振】

( 名 ) スル
一定の持続的振動を発生すること。普通、電気信号の場合をいう。 「 -回路」 「 -器」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発振の関連キーワードハウリング [howling]ヘリウムカドミウムレーザーホールバーニング効果マイクロ波ダイオード量子エレクトロニクスハートリーの方程式ブロッキング発振器セシウムレーザーフォノンメーザーガンダイオードシンセサイザートランジスターハートレー回路クライストロンコルピッツ回路光ポンピングリズムマシン固体レーザープッシュホン色素レーザー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発振の関連情報