コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発振 ハッシン

デジタル大辞泉の解説

はっ‐しん【発振】

[名](スル)振動を発生すること。電気振動についていうことが多い。「発振器」「発振回路」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

発振【はっしん】

電気回路外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象。実際には回路の抵抗のため振動は減衰するので,その分だけ外部からエネルギーを補給する。増幅された出力の一部が適当な位相と大きさで正帰還帰還)された場合などに起こる。
→関連項目共振発振回路

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はっしん【発振】

( 名 ) スル
一定の持続的振動を発生すること。普通、電気信号の場合をいう。 「 -回路」 「 -器」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発振の関連キーワードハウリング [howling]ヘリウムカドミウムレーザーファンデルポールの方程式ホールバーニング効果マイクロ波ダイオードブロッキング発振器ハートリーの方程式フォノンメーザーセシウムレーザーガンダイオードハートレー回路ルビーレーザートランジスターコルピッツ回路クライストロン固体メーザーリズムマシン電子オルガン窒素レーザーパラメトロン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発振の関連情報