コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオトロン heliotron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリオトロン
heliotron

熱核融合反応の基礎実験に用いられるプラズマの磁気閉じ込め装置の1種。ドーナツ状の容器の外側に2層に銅線を螺旋状に巻き,逆向きの電流を流してつくった磁場により容器内のプラズマを器壁から離して閉じ込め,このプラズマを熱核融合させる実験装置。 1960年頃に日本で考案され,当初は京都大学ヘリオトロン核融合研究センターにおいて研究されていたが,現在は核融合科学研究所に引継がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘリオトロンの関連キーワードステラレータ熱核融合反応宇尾 光治宇尾光治核融合炉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android