ヘルストリョーム(英語表記)Hellström, (Erik) Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルストリョーム
Hellström, (Erik) Gustaf

[生]1882.8.28. クリシャンスタード
[没]1953.2.27. ストックホルム
スウェーデンの小説家。 1907年以来日刊紙『ダーゲンス・ニーヒーテル』の通信員としてロンドン,パリ,ニューヨークに滞在。アメリカ赴任直後にルポルタージュ『合衆国と世界平和』 Förenta staterna och världsfredenでウィルソンの平和政策とその政治的背景を紹介。処女作は小説『独身者』 Ungkarlar (1904) であるが,本格的な活動は 23年の帰国後に始った。主著『刑事部長マルムロス』 Carl Heribert Malmros (31) ,『レース作りのレークホルムがある思いつきをする』 Snörmakare Lekholm får en idé (27) ,『テュール島を襲う嵐』 Storm över Tjurö (35) 。ほかに5巻の自伝風大作で『ユーモアに欠けた男』 En man utan humorに始る,「ステラン・ペトロス」シリーズ (21~52) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android