コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン Wilson, Angus (Frank Johnstone)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルソン
Wilson, Angus (Frank Johnstone)

[生]1913.8.11. サセックス,ベクスヒル
[没]1991.5.31. サフォーク
イギリスの小説家オックスフォード大学で中世史を専攻。種々の職業を経て 1936年に大英博物館のカタログ係に就職。 46年に神経症にかかり,作業療法として短編小説を書くことをすすめられたのが文学に入るきっかけで,短編集『悪い仲間』 The Wrong Set (1949) ,『愛すべき時代おくれ』 Such Darling Dodos (50) で,第2次世界大戦後の社会的変動下にある人間の姿を鋭く観察して風刺的に描き,文名を確立した。次いで,自由主義的ヒューマニズムの作家の理想と挫折を主題とする小説『毒人蔘 (にんじん) とその後』 Hemlock and After (52) を発表。 55年からは創作に専念し本格的大作『アングロ・サクソンの姿勢』 Anglo-Saxon Attitudes (56) を完成した。その後の作品には,短編集『変り者』A Bit of Stories (57) ,小説『エリオット夫人の中年』 The Middle Age of Mrs. Eliot (58) ,『笑い事じゃない』 No Laughing Matter (67) ,『魔法のように』 As If by Magic (73) など。ゾラやディケンズに関する研究書も書いており,イーストアングリア大学の英文学客員教授をつとめたこともあり,2度来日している。伝統小説をふまえ,実験的手法も取入れた社会小説家といえる。

ウィルソン
Wilson, Benjamin

[生]1721. リーズ
[没]1788.6.6. ロンドン
イギリスの肖像画,風景画家,版画家。 1748~50年アイルランドで制作,50年ロンドンに帰り肖像画家となる。 61年ホガースの跡を継いで王室画家となり,76年に王と王妃の肖像を描いた。

ウィルソン
Wilson, Charles Erwin

[生]1890.7.18. オハイオミネルバ
[没]1961.9.26. ルイジアナ,ノーウッド
アメリカの実業家。ウェスチングハウス・エレクトリック社の電気技師,デルコ社社長を経て,1929年ゼネラル・モーターズ社の重役,41年同社社長。 53年 D.アイゼンハワー政権の国防長官に起用された。軍需産業界の大立者として国防総省 (ペンタゴン) と実業界との癒着を深めた。

ウィルソン
Wilson, C.T.R.

[生]1869.2.14. グレンコース
[没]1959.11.15. カーロップス
イギリスの物理学者,気象学者。フルネーム Charles Thomson Rees Wilson。マンチェスター大学,ケンブリッジ大学に学び,1925~34年ケンブリッジ大学自然学教授を務めた。雲や霧の発生とちりの関係の研究から,過飽和状態の水蒸気が放射線などで生じたイオンを核として凝縮することを発見。1911年に,その後の核物理,素粒子研究にとって不可欠となった霧箱を完成した。また空中電気の研究にも活躍し,戦時下の阻塞気球を雷から保護する装置の考案でも知られる。1927年ノーベル物理学賞受賞。

ウィルソン
Wilson, Colin

[生]1931.6.26. レスター
[没]2013.12.5. セントオーステル
イギリスの小説家,評論家。フルネーム Colin Henry Wilson。いわゆる「怒れる若者たち」の一人。靴屋の子に生まれ工業高校中退後,工場労働者など種々の職につき,ロンドンで放浪生活を送ったこともある。評論『アウトサイダー』The Outsider(1956)によって名声を得,『宗教と反抗人』Religion and the Rebel(1957),『敗北の時代』The Age of Defeat(1959),『アウトサイダーを超えて』Beyond the Outsider(1965),『オカルト』The Occult(1971)のほか,小説『暗黒のまつり』Ritual in the Dark(1960),SF『賢者の石』The Philosopher's Stone(1969)などを出した。

ウィルソン
Wilson, Edmund

[生]1895.5.8. ニュージャージー,レッドバンク
[没]1972.6.12. ニューヨーク,タルコットビル
アメリカの批評家,小説家,詩人。 1916年プリンストン大学卒業後,ニューヨークで『イブニング・サン』紙の記者をしたのち,17~19年フランスの野戦病院,次いでアメリカ陸軍情報部に勤務。除隊後はニューヨークで『ニューヨーカー』などの雑誌に関係しながら,評論,小説,詩,戯曲を執筆。特に批評活動は,19世紀流の歴史批評からマルクス主義批評,新批評,精神分析批評などを網羅した多元的なもので,『死海の書』 The Scrolls from the Dead Sea (1955) をはじめとする学究的な分野ですぐれた成果を収め,現代アメリカを代表する批評家となった。代表作は,ジョイス,T. S.エリオット,プルーストなど 1920年代の偶像的作家たちを,19世紀「象徴主義運動」のなかでとらえ直した『アクセルの城』 Axel's Castle (31) ,精神分析を用いた『傷と弓』 The Wound and the Bow (41) ,南北戦争に関する『愛国の血潮』 Patriotic Gore (62) など。

ウィルソン
Wilson, Edmund Beecher

[生]1856.11.19. ジュネーブ
[没]1939.3.3. ニューヨーク
アメリカの発生生物学者,細胞学者。エール,ジョンズ・ホプキンズ,ケンブリッジ,ライプチヒ各大学およびナポリ研究所で学ぶ。 1883年より,ウィリアムズ・カレッジ,マサチューセッツ工科大学,ブリンマー・カレッジなどで教鞭をとり,91年にコロンビア大学に移り,1928年まで同大学の動物学教授をつとめ,ここを生物学研究の世界的な中心地の一つに育て上げた。彼は発生の研究から出発し,それを細胞レベルで研究するようになった。主著『発生と遺伝とにおける細胞』 Cell in Development and Inheritance (1896。 1925第3版) は,発生,遺伝などの諸現象に対する細胞レベルでの説明を試みたもので,発生学,遺伝学,細胞学を結びつける役割を果してその後の生物学の発達に大きな影響を与えた。その後,染色体の行動と性の決定との間の関連性を追究し,05年より発表した一連の論文は,遺伝の染色体説確立のための基礎資料となった。

ウィルソン
Wilson, Frank Percy

[生]1889
[没]1963
イギリスの文学研究者。リーズ (1929~36) ,ロンドン (36~47) ,オックスフォード (47~57) 各大学の英文学教授。シェークスピア関係の業績が多く,『マーローと初期のシェークスピア』 Marlowe and the Early Shakespeare (53) などがある。『オックスフォード英文学史』の監修者。遺稿『イギリスの演劇,1485~1585年』 The English Drama,1485-1585 (69) がある。

ウィルソン
Wilson, Georges

[生]1921.10.16. シャンピーニシュルマルヌ
フランスの俳優,演出家。 1963年 J.ビラールのあとを受けて国立民衆劇場 TNPの監督に就任し,より現代的・国際的なレパートリーの拡大に尽力。しかし同劇場の観客数の減少は止められず,72年劇場が政府の手から離れリヨンに移ったのを機にフリーとなった。

ウィルソン
Wilson, Harold

[生]1916.3.11. ヨークシャー,ハダーズフィールド
[没]1995.5.24. ロンドン
イギリスの政治家。オックスフォード大学卒業。 1942年 W.ベバリッジに協力しベバリッジ報告作成に貢献。 1945年労働党下院議員,1947年商務大臣に任命されたが,1951年4月朝鮮動乱のための再軍備政策に反対して辞任。 1951年政権が保守党に移行したのち,「影の内閣」 (→シャドー・キャビネット ) の大蔵大臣,外務大臣。 1961~62年労働党執行委員長。 1963年1月,H.ゲイツケル労働党党首の死後,同党党首。 1964年 10月の総選挙では保守党を破り,12年ぶりに政権を労働党に取り戻し,首相に就任。 1966年3月の総選挙で再び保守党に大勝し,引き続いて首相,1970年6月の総選挙で保守党に敗れるまで約5年8ヵ月首相の地位にあった。石炭鉱業その他の国有化,完全雇用と社会保障の実現など,C.アトリー内閣の民主社会主義政策を継承した。 1974年三たび首相に返り咲いたが,1976年引退。

ウィルソン
Wilson, Henry

[生]1812.2.16. ニューハンプシャー,ファルミングトン
[没]1875.11.22. ワシントンD.C.
アメリカの法律家,政治家。第 18代大統領 U.グラントのもとで副大統領をつとめた (1873~75) 。奴隷制廃止論者で,"Boston Republican" (48~51) を編集。著書"History of the Rise and Fall of the Slave power in America" (3巻,72~77) 。

ウィルソン
Wilson, James

[生]1742.9.14. カスケード
[没]1798.8.21. ノースカロライナ,エディントン
アメリカの法律学者,政治家。スコットランドで教育を受け,1765年アメリカに移住。フィラデルフィア・カレッジでギリシア語を教える。独立運動に加わり,大陸会議代表に選ばれ,急進的な理論家であったが次第に保守的になった。第2回大陸会議で,ペンシルバニア代表として独立宣言に署名。連邦憲法起草にあたっては,主権在民の理念に基づき,大統領および上下両院議員の直接選挙を唱え,政府というものは州の集合体ではなく,ある政治的な目的のための個人の集合体であると主張した。最初の連邦最高裁判所陪席判事として,90年以後の重要な判決に関係した。

ウィルソン
Wilson, John

[生]1627?
[没]1696
イギリスの劇作家。代表作はベン・ジョンソン風の写実的風刺喜劇『詐欺師』 The Cheats (1663) と『山師』 The Projectors (64) 。ほかに悲喜劇『ベルフェゴールまたは悪魔の結婚』 Belphegor,or the Marriage of the Devil (77) がある。

ウィルソン
Wilson, Dover

[生]1881.7.13. ロンドン
[没]1969.1.15. バラーノー
イギリスのシェークスピア学者。ケンブリッジ大学卒業後,1924~35年ロンドンのキングス・カレッジ,1935~45年エディンバラ大学の教授を歴任。『ハムレットでなにが起こったか』What Happens in Hamlet(1959)などの研究書があるが,最も重要な業績は,創見に満ちた校訂本『新ケンブリッジ版シェークスピア全集』(1921~66)の編集,刊行である。

ウィルソン
Wilson, Richard

[生]1714.8.1. ベネゴーズ
[没]1782.5.15. ランベリス
イギリスの画家。1729年頃ロンドンの肖像画家トマス・ライトの弟子となり,肖像画家となる。1749~57年ベネチアおよびローマに滞在,以後風景画家に転じる。ニコラ・プーサン,サルバトール・ローザやクロード・ロランの影響を受けつつ,イギリス的な独自の画風を創造し,ジョシュア・レイノルズとともに 18世紀イギリス風景画の確立者として,半世紀後のジョーゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーやジョン・コンスタブルの出現を促した。主要作品『スノードン』(1770,リバプール,ウォーカー美術館)。作品はウェールズ国立美術館に多く収蔵されている。

ウィルソン
Wilson, Robert Woodrow

[生]1936.1.10. ヒューストン
アメリカの電波天文学者。ライス大学卒業 (1957) 。 1962年カリフォルニア工科大学で学位取得。ベル電話研究所入所 (63) ,無線物理研究部部長 (76) 。 A.ペンジアスとともに宇宙通信のためのアンテナ開発中の 64年5月に,宇宙空間からやってくる微弱なマイクロ波をとらえた。この電波は,宇宙の初めに大爆発があった名残りとして,現在の宇宙全体には 3Kほどのぬくもりに相当する電波が飛びかっていると仮定する「ビッグバン説」の証拠となる発見であった。これにより,ペンジアスとともに,77年にアメリカ科学アカデミーのヘンリー・ドレーパー賞,ロンドン王立天文協会のハーシェル・メダル,78年にノーベル物理学賞を受賞した。

ウィルソン
Wilson, Thomas

[生]1663
[没]1755
イギリス国教会の主教。ソダー・アンド・マン教区主教となって土地所有権に関する改革を行い,また著書『教会憲法』 Ecclesiastic Constitution (1704) を書いて,規律に従う厳格な信仰生活を要求した。

ウィルソン
Wilson, Thomas

[生]1525頃
[没]1581.6.16. ロンドン
イギリスの人文主義者,政治家。 1561年以後多くの要職につく。国務大臣 (1577~80) 。主著は論理学の便覧『理性の法則』 Rule of Reason (51) と,学者の言葉としての英語の価値を実証した点で重要な『修辞法』 The Arte of Rhetorique (53) 。

ウィルソン
Wilson, (Thomas) Woodrow

[生]1856.12.28. バージニア,ストーントン
[没]1924.2.3. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。第 28代大統領 (在任 1913~21) 。長老派牧師の家に生れ,1879年プリンストン大学を卒業。 90年同大学の法学と財政学の教授,1902年総長。 10年ニュージャージー州知事に当選して政界に入り,革新政治で注目され,12年には民主党から大統領に当選した。「新しい自由」をスローガンに関税引下げ,銀行制度の改革,反トラスト政策の拡充など革新的政策を推進した。対外的にはカリブ海地域に対して軍事干渉を行う一方,第1次世界大戦に際しては当初中立を宣言したものの,17年4月に参戦,翌年1月「十四ヵ条平和構想」を提唱するにいたった。戦後みずからベルサイユ講和会議 (→パリ講和会議 ) に出席,国際連盟の設立を含む平和条約の締結に寄与したが,帰国後議会の反対にあい,かつ病いに倒れたため,アメリカの連盟加入を実現できずに終った。 19年ノーベル平和賞受賞。主著『議会政治論』 Congressional Government (1885) 。

ウィルソン
Wilson

アメリカ合衆国,ノースカロライナ州東部の都市。地名はメキシコ戦争の指導者 L.D.ウィルソン将軍にちなむ。有名なバージニアタバコの産地で,その加工を中心として各種の工業が行われている。人口3万 6930 (1990) 。

ウィルソン
Wilson, J. Tuzo

[生]1908.10.24. オタワ
[没]1993.4.15. トロント
カナダの地質学者,地球物理学者。フルネーム John Tuzo Wilson。地球規模の断層運動のパターンと大陸の地殻構造を明らかにした。特にプレートテクトニクスの研究は,大陸移動説海洋底拡大説マントル対流などの理論に大きな影響を与えた。スコットランド移民の父親のもとに生まれた。1930年,トロント大学トリニティ校で学士号取得,カナダの大学初の地球物理学科卒業生となった。その後ケンブリッジ大学セントジョンズ校(1932学士号),プリンストン大学(1936博士号),ケンブリッジ大学(1940文学修士号,1958科学博士号)で学んだ。1936~39年カナダ地質調査所で働き,第2次世界大戦が始まるとカナダ陸軍工兵隊に入隊,大佐まで昇進した。戦後の 1946年トロント大学地球物理学教授に就任。1974年まで務めたのち,オンタリオ科学センター所長となった。1983~86年ヨーク大学学長。1972~73年カナダ王立協会会長。1980~82年アメリカ地球物理学連合会長。1960年代初め,大陸は固定していて動かないという見解が主流となっていた時期に,大陸移動説をあらためて世界的に訴えた。それ以前の大陸移動説では,プレートは互いに近づく(収束型)か,しだいに離れていく(発散型)かのいずれかと考えられていたが,ウィルソンは 1965年,論文 "A New Class of Faults and Their Bearing on Continental Drift"において,プレート同士がすれ違う第3の動きが存在すると主張した(→トランスフォーム断層)。この理論は 1970年代のプレートテクトニクス理論の基盤の一つとなった。

ウィルソン
Wilson, Kenneth Geddes

[生]1936.6.8. マサチューセッツ,ウォルサム
[没]2013.6.15. メーン,サコ
アメリカ合衆国の物理学者。1956年にハーバード大学を卒業,1961年にカリフォルニア工科大学のマレー・ゲル=マンのもとで博士号を取得。ヨーロッパ原子核研究機関 CERNに 1年在籍したのち,1963年にコーネル大学助教授となり,1971~88年教授を務め,1988年オハイオ州立大学に移った。物質二次相転移という変化に関する一般的な計算法の開発によって,1982年にノーベル物理学賞を受賞。コーネル大学在籍中に受賞対象となった相転移の研究に取り組んだ。物質の二次相転移は決まった温度(あるいは決まった圧力)で起こるが,一次相転移と違って,その温度(臨界点)に達した瞬間に物質全体で一斉に起こる。たとえばある種の金属は,キュリー温度(たとえば鉄では 750℃)まで熱せられると磁性が完全に消失する。ウィルソンの研究は,臨界点近くの状態一般に適用できる理論を構築するための数学的戦略を提唱したものである。

ウィルソン
Wilson, August

[生]1945.4.27. ペンシルバニア,ピッツバーグ
[没]2005.10.2. ワシントン,シアトル
アメリカの劇作家。本名 Frederick August Kittel。 15歳で高校を中退後,独学で詩作を始め,1968年自身の劇団を組織して劇作にも手を染める。その後,長い下積みの期間を経て,演出家のロイド・リチャーズに見出され,1984年『マ・レイニーのブラックボトム』 Ma Rainey's Black Bottomでブロードウェーに進出,一躍注目を集めた。 1987年には次作『フェンス』 Fences (1986) でトニー賞,ピュリッツァー賞を同時に受賞し,アメリカ演劇を代表する劇作家の一人として地位を確立。その後も『ピアノ・レッスン』 The Piano Lesson (1990) で再びピュリッツァー賞を受賞し,活躍を続ける。各作品は,20世紀のアフリカ系アメリカ人の体験を 10年単位で綴る連作的な構成をもち,アフリカ系アメリカ人の口語表現を生かしたリズム感のあるせりふが特徴。

ウィルソン
Wilson, Robert

[生]1941.10.4. テキサス,ウェーコ
アメリカの舞台美術家,演出家。ニューヨークでデザインを学ぶかたわら,障害をもつ子供たちと演劇活動を行う。 1969年バード・ホフマン・ファンデーションというプロデュース組織を結成。同年上演した『ジクムント・フロイトの時代と生涯』 The Life and Times of Sigmund Freud,翌年の『聾者の視線』 Deafman Glanceで世界的に注目を集めた。以降,主としてヨーロッパで活動。従来の演出という概念を逸脱し,基本的に戯曲を用いず,舞台は視覚的・聴覚的イメージを中心に構成される。彼は自身の作品をオペラと呼んでいるが,近年は通常のオペラの演出や古典劇の演出も多い。代表作はほかに,『浜辺のアインシュタイン』 Einstein on the Beach (1976) ,未完の大作『ザ・シビル・ウォーズ』 The CIVIL warS (83) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson)

[1869~1959]英国の物理学者ウィルソンの霧箱を発明し、イオン飛跡の撮影に成功。1927年、ノーベル物理学賞受賞。

ウィルソン(Horace Wilson)

[1843~1927]米国教育者。英語・数学の教師として来日、第一大学区第一番中学(のちの東京大学)の生徒に野球を教えたことが日本野球の始まりといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウィルソン

英国の小説家。大英博物館に勤めながら短編集《悪い仲間》(1949年)を発表,以後長編《毒薬とその後》(1952年),《アングロサクソンの姿勢》(1956年)でイギリス小説の伝統を継ぐ一流作家の地位を築いた。

ウィルソン

英国の物理学者。ケンブリッジ大学卒,1925年―1934年教授。1897年ごろから霧の発生について研究,1911年霧箱を発表。1927年ノーベル物理学賞。

ウィルソン

英国の批評家,小説家。近代の文学と哲学を大胆に論じた《アウトサイダー》(1956年)で一躍世界的名声を得た。次いで《宗教と反逆者》(1957年),《敗北の時代》(1959年),《アウトサイダーを越えて》《オカルト》(1971年),小説《闇の祝祭》(1960年)など多作である。
→関連項目アウトサイダー

ウィルソン

米国の批評家,小説家。新聞・雑誌の記者も務めた。プリンストン大学でフィッツジェラルドと同窓,〈ロスト・ジェネレーション〉に対し理解を示すとともに明敏な批評を展開した。
→関連項目マッカーシー

ウィルソン

米国の昆虫学者,社会生物学者。ハーバード大学教授。社会性昆虫の生態研究を通じて,社会生物学に到達。膨大な資料を駆使した大著《社会生物学》(1975年)でその主張を展開し,世界の思想界に大きな論争を巻き起こした。

ウィルソン

英国の政治家。1945年以来労働党下院議員。経済問題に通じ海外貿易相,商相を歴任。1950年再軍備問題で右派と対立。1961年外相,1963年労働党党首となり,1964年―1970年,1974年―1976年首相を務めた。
→関連項目キャラハン

ウィルソン

米国の物理学者。ハーバード大学,カリフォルニア工科大学で学び,1963年コーネル大学助教授。1971年相転移に関連した臨界現象を一般的に説明する方法を発表。1982年ノーベル物理学賞。

ウィルソン

米国の天文学者。1963年ベル電話研究所員。衛星通信を研究中の1965年,宇宙背景放射(3K放射)を発見,1978年ノーベル物理学賞受賞。

ウィルソン

米国の政治家,政治学者,第28代大統領(1913年―1921年)。民主党。母校プリンストン大学学長(1902年―1910年),ニュージャージー州知事(1910年―1913年)を歴任後,〈新しい自由New Freedom〉を掲げて大統領となる。
→関連項目第1次世界大戦パリ平和会議パワー・ポリティクス民主党(米国)民族自決

ウィルソン

フランスの俳優。国立民衆劇場の舞台俳優として認められ,1950年代から映画にも出演する。アリダ・ヴァリと共演したアンリ・コルピ監督の《かくも長き不在》(1961年カンヌ国際映画祭パルムドール)で記憶喪失浮浪者を演じた名演技で有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ウィルソン Wilson, Horace E.

1843-1927 アメリカの教師。
1843年2月10日生まれ。明治4年(1871)来日。大学南校,東京開成学校,東京大学で英語や数学をおしえる。5年日本にはじめて野球をつたえたという。10年帰国。2003年(平成15)新世紀特別表彰で野球殿堂入りとなる。1927年3月4日死去。84歳。メーン州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ウィルソン

没年:1927.3.4(1927.3.4)
生年:1843.2.10
明治期に来日したお雇い外国人。アメリカ人教師。メーン州ゴーハム生まれ。明治4(1871)年8月12日から同10年7月10日まで滞日し,大学南校,第一大学区第一番中学校,東京開成学校,東京大学で英語,数学などを教える。一番中学時代(1872~73)に野球を教え,日本に初めて野球を伝えた人とされる。同9年彼を含む京浜在住外国人と開成学校生徒チームが野球試合をしている。目下最古の日米対抗試合記録である。同年ペンシルベニアカレッジから名誉修士の称号を受ける。帰国後サンフランシスコに住み,メカニックス・インスティテュートの司書,理事などを務め,同市で死去。<参考文献>野球体育博物館『ベースボールニュース』(2巻5号,3巻4号)

(渡辺融)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ウィルソン

1944年製作のアメリカ映画。原題《Wilson》。第28代合衆国大統領ウッドロウ・ウィルソンの伝記映画。監督:ヘンリー・キング、出演:アレクサンダー・ノックス、チャールズ・コバーン、ジェラルディン・フィッツジェラルドほか。第17回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同脚本賞、室内装置賞(カラー)、撮影賞(同)、編集賞、録音賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルソン【Angus (Frank Johnstone) Wilson】

1913‐91
イギリスの小説家。サセックス州のベックスヒルに生まれ,ロンドンのウェストミンスター・スクールを経てオックスフォードのマートン・カレッジで中世・近代史を専攻,1936年優等で卒業。37‐55年まで大英博物館に勤務。その間,同性愛を扱った複雑な風俗小説《毒にんじんその後》(1952)でイギリス中産階級の中に潜む悪を描き文壇に登場,《アングロ・サクソン的態度》(1956),《エリオット夫人の中年》(1958),《動物園の老人》(1961),《笑いごとではない》(1967)などの優れた長編を続々発表,66年以降イースト・アングリア大学の英文学教授をつとめるかたわら,イェール,ロンドン,ケンブリッジその他の英米の諸大学で教え,《ゾラ》(1952),《ディケンズ》(1970)などの評論がある。

ウィルソン【Colin Henry Wilson】

1931‐
イギリスの評論家,小説家。レスターに生まれ,土地の高校ゲートウェー・スクールを卒業後,1949‐50年まで空軍に勤務したのち,パリやストラスブールで職を転々とした。51‐53年までロンドンで労働者の生活をしながら大英博物館で独学,ブルジョア社会における実存主義者のあり方をその内側から論じた《アウトサイダー》(1956)で一躍文壇に登場。この後《闇の中の祝祭》(1960),《ガラスの檻》(1966)など数多くの小説,スリラー,ミステリー,SFも発表しているが,彼の本領はあくまで《宗教と反抗人》(1957),《敗北の時代》(1959),《アウトサイダーを超えて》(1965)といった哲学的人生論や,《詩と神秘主義》(1970),《オカルト》(1971)といった〈宗教的〉関心を示す評論にあり,ヨーロッパ大陸のペシミスティックな実存主義に対して,生命肯定,人間意識の高揚を求める新実存主義がその基本的な姿勢である。

ウィルソン【Charles Thomson Rees Wilson】

1869‐1959
イギリスの物理学者。1888年にケンブリッジのシドニー・サセックス・カレッジに入学,92年学位を得たのちキャベンディシュ研究所でJ.J.トムソンの研究生となる。1925‐34年,ケンブリッジのジャクソン教授職。1894年にB.ネビスの気象観測所で見た光環などの美しい光学現象に魅せられて以来,水蒸気が水滴に凝結する問題の研究に取り組み,この実験のために人工的に霧を発生させる装置(霧箱)を作製,X線で霧箱を照射すると水滴は気体中に生じたイオンを核として凝結することを発見(1895‐1900),さらに1911年には電離作用をする粒子の飛程を写真に撮影することに成功した。

ウィルソン【Edmund Wilson】

1895‐1972
アメリカの批評家。ジャーナリズムの第一線で健筆をふるいつづけ,F.S.フィッツジェラルドなど自国の新進作家の推輓にも主導的役割を果たした。法律家の父の周到公平な仕事ぶりを受けつぎ,読みの深さと巨視的な把握を身上として,フロイトやマルクスを援用してもつねに特定の思想を超えて対象の本質に迫る。象徴主義批判の書《アクセルの城》(1931)が逆に象徴主義,ひいては20年代文学の先駆的味解の書たりえたゆえんである。

ウィルソン【Edward Osborne Wilson】

1929‐
アメリカの昆虫学者,生態学者。アラバマ州に生まれ,ハーバード大学でアリの研究で博士号を取得,ハーバード大学比較動物学博物館教授になる。一貫してアリ類の行動,生態,地理的分布を研究してきたが,一般理論にも関心が深く,1967年にはマッカーサーR.H.MacArthurと共著で《島の生物地理学説The Theory of Island Biogeography》を執筆し,そのなかで有名な〈種数平衡理論〉および〈r・K淘汰(選択)説〉を提起した。

ウィルソン【Richard Wilson】

1714‐82
イギリスの画家。モンゴメリーシャーのペネゴイスPenegoes生れ。1729年ロンドンに出て,肖像画家および風景画家として出発。初期には,やや通俗的で感傷性を示す肖像画や,当時イギリスで好まれていた地誌的(トポグラフィカル)な風景画を制作。50‐57年ころまでイタリアに滞在し,主としてローマ郊外やカンパニア地方の田園で自然の観察を深める。帰国後は貴族から連作風景画の注文も受け,68年にはローヤル・アカデミー設立会員となる。

ウィルソン【Thomas Woodrow Wilson】

1856‐1924
アメリカ合衆国第28代大統領。在職1913‐21年。バージニア州で,敬虔な長老派牧師の子に生まれた。プリンストン大学,バージニア大学で学び,弁護士を開業したが,ほどなく学究生活にもどり,1886年政治学で博士号を得た。女子大学で教職についたのち,90年に母校プリンストンの政治学・法学教授として招かれ,歴史学でも成果をあげ,1902年学長に選ばれた。チューター制の導入,カリキュラム改革などで学長として名声を得たが,大学院設置問題で反対を招き,10年辞任した。

ウィルソン【James Wilson】

1742‐98
アメリカ建国期,ペンシルベニアの政治家。スコットランドのセント・アンドルーズ近在に生まれ,1765年アメリカに移住。ジョン・ディッキンソンの下で法律の訓練を受け,74年にイギリス議会のアメリカ植民地に対する権限を否定するパンフレットを著し,翌年大陸会議代議員に選出されて独立宣言に署名した。ペンシルベニアでは連邦憲法に反対する共和派に参加したが87年の連邦憲法制定会議ではマディソンと並んで憲法案の起草に尽力した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウィルソン【Wilson】

〔Charles Erwin W.〕 (1890~1961) アメリカの経営者・政治家。ゼネラル-モーター社( GM )社長。アイゼンハワー政権で国防長官を務める(1953~1957)。
〔Charles Thomson Rees W.〕 (1869~1959) イギリスの物理学者。雷雲の電気的構造など気象の電気的研究のほか、ウィルソンの霧箱きりばこを発明。 → 霧箱
〔Colin W.〕 (1931~ ) イギリスの批評家・小説家。現代の反ヒーローの系譜をたどった処女評論「アウトサイダー」は世界的な反響をよんだ。著作は神秘主義・犯罪・超能力など広範なテーマにわたる。
〔Edmund W.〕 (1895~1972) アメリカの批評家。象徴主義を扱った「アクセルの城」をはじめ、方法にとらわれることなく多岐にわたる現代の課題を分析。また、フィッツジェラルドなどの新人を見いだした。
〔John Tuzo W.〕 (1908~1993) カナダの地球物理学者。提出したトランスフォーム断層の概念は、その後のプレートテクトニクス理論の萌芽とみられている。
〔Thomas Woodrow W.〕 (1856~1924) アメリカの政治家。合衆国第二八代大統領(在任1913~1921)。関税軽減・連邦準備銀行制・トラスト規制など革新的政策を推進。1917年第一次大戦に対独参戦。講和のための一四か条の原則を提唱し、パリ講和会議を指導して国際連盟の設立に尽くした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィルソン

生年月日:1786年9月26日
イギリスの東洋学者,インド学者
1860年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のウィルソンの言及

【社会生物学】より

…アメリカの動物学者E.O.ウィルソンが1971年に提唱し,75年に同名の著書で展開した学問体系のこと。従来,別個に進められてきた個体群生態学,集団遺伝学,動物行動学(エソロジー),動物社会の比較研究の成果を統合して,各種の生物がなぜ異なる社会関係(同種個体間の関係)を示すのかという問題を解明し,人間も含む動物社会進化の統一理論を打ち立てようとしたもの。…

【生物群集】より

…太平洋の熱帯付近の島々を例にとって,そこにすむ鳥の種数をまとめてみると,概して面積の大きい島には小さい島よりも多くの種がすみ,また同時に大陸から近い島には遠い島に比べて種数の多い傾向がみられる。マッカーサーR.H.MacArthur(1930‐72)とE.O.ウィルソンは,移入定着率は島の大きさには関係せず,大陸に近ければ高くなり,消滅率は大陸からの距離には無関係に,小さい島ほど大きくなり,またこの二つは共に,その島にすでにすんでいる種の数に関係すると考えた。そしてこの二つの率が一致する点が実際の種数になるとしたのである。…

【アメリカ合衆国】より

…ひとたび大きな戦争が起こり,ヨーロッパの勢力関係に重大な変化が生じる可能性がでてくれば,アメリカは大西洋に隔てられているとはいえ,戦争のなりゆきに無関心ではいられなくなる。第1次大戦に際して,ウィルソンは中立の大国の指導者として交戦国に働きかけ,望ましい形で平和を回復することを試みたが,ドイツが無制限潜水艦戦を開始し,英仏に向かうアメリカ船も攻撃を受けるに及んで,参戦を決意し,国民の大多数もそれを支持した。彼はアメリカの戦争目的について,たんにドイツを破ることではなく,旧来の国際秩序を改革することであると考え,民主的政治体制の奨励,各国民の自決権の尊重,開放的国際経済体制の形成,紛争の平和的解決のための国際組織の結成などを骨子とする新しい国際秩序の構想を表明し,このような国際秩序をつくり維持するためにアメリカが指導的な役割を果たさねばならないという思想,すなわち国際主義を国民に鼓吹した。…

【イギリス】より

…〈イギリス病〉を克服し,インフレと失業を退治する特効薬として,イギリス人の北海油田の開発によせる期待は大きい。【荒井 政治】
[イギリス病,ポンド衰退,高インフレ--1960年代から70年代]
 1964年に政権に復帰した労働党ウィルソン政権は長期的計画に基づく産業の近代化による成長促進,所得政策によるインフレ抑制をめざすが,成果はなく,労使関係の改革にも失敗した。国際収支危機に直面してデフレ政策を取るが,67年にポンド切下げに追い込まれた。…

【委任統治】より

…南アフリカのスマッツ将軍は,ロシア,トルコなどに属した地域は国際連盟自身または連盟が委任する国家によって統治されるべきであると主張した。アメリカのウィルソン大統領は,適用範囲について,ロシアを除き,ドイツの植民地を加えて,スマッツに同調した。日本,イギリス,フランスなどは,アメリカ参戦前にドイツ植民地を占領したうえ,領土権の分配をも互いに約束していたが,同盟国のこのような動きを阻止したいウィルソンにとって,委任統治は好都合な方法であった。…

【議会委員会制】より


【アメリカ】
 委員会中心主義の典型はアメリカ合衆国である。《議会政治Congressional Government》(1885)を書いたW.ウィルソンはすでに,委員会を〈小立法部〉とよび,下院の指導者は議長ではなく,おもな常任委員会の委員長たちであり,しかも彼らは内閣のような協同体を構成しないから,指導部の多頭性によって下院の組織はきわめて複雑さを呈する,と述べている。アメリカ合衆国の統治構造においては,権力分立を強調する見地から,行政部は立法の勧告や資料の提出をすることができるだけで,法律の発案権が議員だけに属するしくみになっており,きわめて多数で多岐にわたる法案が議会に提出されるために,それらを整理し審議する必要上,委員会制度が発達した,という事情がある。…

【行政学】より

…これらの制度改革はいずれもアメリカン・デモクラシーに修正を加え,民主制と官僚制,あるいは民主性と能率性とを接ぎ木しようとするものであったといえる。 このような制度改革に政治学の分野から理論的根拠を与えようとしたのが,W.ウィルソンF.グッドナウなどであった。彼らは,政治の領域と行政の領域を区別し,現代国家における行政の重要性を強調した。…

【孤立主義】より

…ただし孤立主義の時代にも,ラテン・アメリカに対するアメリカ外交は積極的であったし,東アジアの国際政治にもある程度関与するようになっていた。第1次大戦に際して,アメリカはヨーロッパの戦争に加わり,戦争終結と講和とに重要な役割を果たしたが,孤立主義を恒久的に放棄しようとしたウィルソン大統領の政策は,結局議会の承認を得られず,アメリカは国際連盟に参加しなかった。1930年代の国際政治の混乱はアメリカ人の孤立主義の感情を強め,それは35年以降,一連の中立法に具体化された。…

【山東問題】より

…大戦勃発の当初は,日本も中国も局外中立を宣言していたが,ドイツ権益奪取をもくろむ日本の大隈内閣(外相加藤高明)は,イギリス,フランス,ロシアからの協力要請に乗じて,まもなく対独参戦にふみきった。中国の袁世凱政府は,中立維持のため対米接近を試みたが,ウィルソン政府が積極的な姿勢を示さなかったので,日本の圧力の前に,中立除外区域を設定せざるをえなかった。青島のドイツ軍攻撃を名目に山東半島に上陸した日本軍は,中国との約束を破って中立除外区域外にまで進軍し,ついに山東鉄道沿線一帯を軍事占領するとともに,現地住民を虐待した。…

【プログレッシビズム】より

…次のタフト大統領(在職1909‐13)は革新政治家としての個性は比較的弱いが,その在任中には,19世紀後半以来改革運動の懸案であった連邦所得税と上院議員の直接選挙を定めた憲法第16,17修正(ともに1913発効)が成立している。個人の機会保持と自由競争に重点を置く〈ニューフリーダム〉の構想を掲げて登場したウィルソン大統領(在職1913‐21)は,熱心に不正な企業活動を取り締まり,関税を引き下げ,銀行通貨制度の根本的な改革を行い,農民に低利の長期信用を与え,労働条件を改善するための連邦法をつぎつぎに世に送り出した。婦人参政権の憲法第19修正案も1920年に発効成立した。…

※「ウィルソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルソンの関連キーワードウイルソン(Sir Angus Frank Johnston Wilson)ウイルソン(Charles Thomson Rees Wilson)ウイルソン(Thomas Woodrow Wilson)ウイルソン(Edwin Bidwell Wilson)リチャード・ハワード・スタッフォード クロスマンウイルソン(Sir Harold Wilson)ウイルソン(John Dover Wilson)キャラハン(James Callaghan)ランシング(Robert Lansing)ウイルソン(Richard Wilson)ウイルソン(Edmund Wilson)ウイルソン(Colin Wilson)ウィルソン・ラーニングワールドワイドクレイジー刑事 BACKSTROMミルトン・L.S. フマーソンアレキサンダー・M. パーマーウェストミンスター・スクールロンリー・ティアドロップス死霊館/エンフィールド事件ロナルド・A. モース

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィルソンの関連情報