コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアソナード Boissonade de Fontarabie, Gustave Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアソナード
Boissonade de Fontarabie, Gustave Émile

[生]1825.6.7. バンセンヌ
[没]1910.6.27. アンティーブ
フランスの法学者。御雇外国人の一人。 1852年パリ大学で法学博士号取得,1864年グルノーブル大学,パリ大学の助教授。 1873年日本政府に招聘されて来日。司法省顧問として,刑法 (旧刑法) ,治罪法民法 (旧民法) を起草 (前2者は 1882年施行,旧民法は法典論争のため施行されなかった) 。司法省法学校,明治法律学校教授を務め,フランスの法律学および自然法思想を講じ,日本の立法事業ならびに法学教育に大きな足跡を残し,1895年帰国。主著『刑法草案注釈』 Projet de code pénal pour l'empire du Japon accompagné d'un commentaire (4巻,1882) ,『民法草案注釈』 Projet de code civil accompagné d'un commentaire (5巻,1882~89) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボアソナード(Gustave Émile Boissonade)

[1825~1910]フランスの法学者。明治6年(1873)日本政府の招きで来日し、法学教育・法典編纂に当たり、刑法民法を起草。同38年に帰国。著「日本民法草案」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボアソナード

フランスの法学者。1873年パリ大学教授のとき,明治政府に招かれて来日。母国の法律にならって刑法(旧刑法),治罪法,民法(旧民法)を起草。前2者は1882年に施行されたが,旧民法は結局施行されなかった(民法典論争)。
→関連項目旧民法獄門治罪法箕作麟祥民法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ボアソナード Boissonade de Fontarabie, Gustave Emile

ボワソナード

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ボアソナード

没年:1910.6.27(1910.6.27)
生年:1825.6.7
フランスの法学者,お雇い外国人。著名な古代ギリシャ学者,パリ大教授ジャン・フランソワ・ボアソナード(1774~1857)と貧しい庶民の娘との私生子としてパリ近郊に生まれる(1856年認知)。パリ大大学院で論文「夫婦間贈与の歴史」が最優秀賞を受け,1864年グルノーブル大教授,67年論文「遺留分」で学士院賞を受け,パリ大準教授となる。駐仏公使鮫島尚信の依頼で日本人留学生に講義したのが契機で,明治6(1873)年日本政府の招聘を受け来日,司法省明法寮などで法学教育に当たる。和仏法律学校(法政大の前身),明治法律学校(明治大の前身)でも教壇に立ち,門下から多くの日本法学の草分けの人材が輩出した。また太政官法制局御用掛,元老院御用掛,外務省事務顧問などとして,立法や外交の諮問に答えた。7年国際法顧問として,台湾問題の処理に関する日清交渉のため,大久保利通に随行して北京に。刑法,治罪法(のちの刑事訴訟法)を起草(ともに1881年制定),罪刑法定主義や拷問禁止を立法化した。フランス民事訴訟法を基礎とした民事訴訟法典の起草にも努力したが,ヘルマン・テッヒョー起草のドイツ法的法典が採択された。 20年井上馨外相の,外国人裁判官任用を定める条約改正案に反対意見を提出,条約改正反対運動の契機となった。箕作麟祥,磯部四郎らの協力を得て民法典を起草,21年に最終案成立,元老院,枢密院を通過して23年4月10日公布されたが,帝国議会内外で英法派と国粋派の反対に遭い,「民法典論争」の末,25年施行延期,実際上の廃案が決定されて,28年失意のうちに日本を去った。政府は外国人として異例の勲1等宝冠章と年金2000円をもって功に報いた。その後梅謙次郎らによって起草された日本民法典にも,ボアソナード民法典の影響がみられる。著書は自らの起草した刑法典,治罪法典,民法典の仏文の注釈書,司法省法学校の講義録『性法講義』(日本語訳)など。<参考文献>大久保泰甫『ボアソナード』

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボアソナード【Gustave Emile Boissonade de Fontarabie】

1825‐1910
明治政府の法律顧問として22年間日本に滞在したフランス人法学者。1848年の2月革命のころ青春時代をすごし,その人道主義と理想主義の影響を受けたが,基本的には古典的自由主義者であった。73年パリ大学助教授のとき48歳で来日。当時の日本は,まだ維新後の混乱期にあり,国内的にも近代的法制度の整備を急いだが,とくに,最大の外交案件として条約改正問題をかかえ,その前提条件として列強が要求する法典編纂を成就する必要があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボアソナード【Gustave Émile Boissonade】

1825~1910) フランスの法学者。1873年(明治6)日本政府の招きにより来日。法学教育に携わり多数の法律家を養成。最初の刑法・治罪法・民法の法典を起草し、日本の近代法整備に貢献。95年帰国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアソナード
ぼあそなーど
Gustave Emile Boissonade de Fontarabie
(1825―1910)

日本の近代法体制の形成に大きな貢献をしたフランス人法学者。1825年6月7日パリ近郊のバンセンヌで生まれた。パリ大学法学部を卒業し、1849年パリ控訴院付弁護士に登録。1864年教授資格取得試験に合格し、グルノーブル大学でローマ法の講義を担当、1867年にパリ大学の教授資格者に抜擢された。1873年(明治6)パリに滞在中の井上毅(こわし)ら司法省官員に憲法、刑法を講義したことが機縁となり、明治政府から招聘(しょうへい)され、同年11月に来日した。以後22年の滞在期間中に多方面にわたって貢献し、多くの業績を残した。まず、1874年から法律家の養成を目的に司法省法学校でフランス法や自然法論を講義した。そのほか帝国大学や、東京法学校(のち和仏法律学校、現法政大学)、明治法律学校(現明治大学)など草創期の私立法律学校において法学教育に尽力し、卒業後法典編纂(へんさん)や司法実務、法学教育などに活躍する多数の法律家を養成した。また、司法省を中心に元老院、外務省、法制局など政府諸機関に顧問として助言や献策を行うとともに、多様な質問に回答を与えた。とくに1874年の台湾出兵事件や1882年の壬午軍乱の善後処理のために有益な助言を行い、さらに1887年の外相井上馨(かおる)の外国人裁判官任用案に反対意見書を提出するなど、外交上や条約改正に貢献した。また司法卿に拷問廃止を強く訴え、拷問制度の廃止に尽力した。主要任務である法典編纂では、まず1876年から刑法、治罪法の草案起草に取り組み、元老院などの審議を経て1880年公布、1882年施行の刑法(旧刑法)、治罪法に結実した。ついで1879年から草案起草にあたった民法は、法律取調委員会や元老院、枢密院などの審議を経て1890年公布の民法(旧民法)に結実したが、法典論争の結果、施行が延期となった。1895年帰国し、南仏アンティーブで1910年6月27日85歳の生涯を閉じた。[吉井蒼生夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボアソナードの言及

【旧民法】より

… 旧民法の編纂事業は,江藤新平によって指導された1870年の民法会議以来の民法編纂事業の流れをくむものであり,80年に元老院内に設置された民法編纂局によって本格的に開始され,条約改正事業との関係で一時外務省の管轄とされたが,最終的には司法省の手によって草案の完成をみた。この草案は,フランス民法典を模範とし,財産法(財産編・財産取得編(前半部分)・債権担保編・証拠編)の部分はG.E.ボアソナードが,家族法(人事編・財産取得編(後半部分=相続,贈与および遺贈,夫婦財産契約))の部分は,熊野敏三・磯部四郎・黒田綱彦・光妙寺三郎ら日本人が起草にあたった。家族法の第一草案は,全国の地方長官および司法官に回布されて意見を求められ,それにもとづいて修正された。…

【司法省法学校】より

…漢・仏両学の試験を経て入学した生徒20名(うち9名が南校よりの入学者)に対し,リブロールが普通学を,ブスケGeorges Hilaire Bousquet(1846‐1937)が法律学の特別講義を行った。その後74年4月から,ボアソナードとブスケによる本格的な法律学の専門教育が開始された。このときボアソナードが行った自然法の講義は,のちに《性法講義》(1877)として刊行されている。…

【不敬罪】より

…天皇や皇族あるいはその墓などに対しその名誉を毀損する行為を処罰する罪名。不敬罪は,近代天皇制国家の成立にともない1880年(明治13)7月17日に公布された刑法典(旧刑法と呼ぶ)の第2編第1章〈皇室ニ対スル罪〉のなかに登場し,1907年の旧刑法全面改正(1908施行。以下,明治40年刑法と呼ぶ)においても若干の修正を受けたのみで残り,47年(昭和22),新憲法の施行にともなう刑法一部改正によって廃止されるまで,天皇や天皇制に関する思想や学問・言論の抑圧,さらには新興宗教団体の弾圧に猛威を振るった。…

※「ボアソナード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボアソナードの関連キーワードBoissonadeG.E.RoeslerK.三大事件建白運動石黒 涵一郎水平 三治兇徒聚衆罪高森 砕巌箕作 麟祥山田顕義名村泰蔵穂積八束法政大学法律家法制史寺尾亨鶴田皓斬刑養成

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボアソナードの関連情報