コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルマン‐ファインマンの定理 Hellmann-Feynman theorem

法則の辞典の解説

ヘルマン‐ファインマンの定理【Hellmann-Feynman theorem】

分子や固体中の原子核に働く力は,電子の確率密度を静的な負電荷密度と見なして,静電気学的に得られるものと一致する.あるパラメータ a に依存するハミルトニアン Ha) があるとき,系の任意の離散的な固有状態,すなわち Ha) | a 〉=Ea)| a 〉,〈a | a 〉=1を満たす | a〉に対して

が成立する.単にファインマンの定理*ということもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ヘルマン‐ファインマンの定理の関連キーワードファインマンの定理ハミルトニアン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android