コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーリアイア hēliaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーリアイア
hēliaia

古代ギリシア,アテネにおいてソロンの改革により設けられた民衆裁判所。手続に従って政務官罪科に対する告訴を聴問し,一定限度内の刑罰を課すための市民による法廷で,民衆のための上告裁判所機能を有した。この機能が陪審員によって行使されたため,ヘーリアイアはときとして全陪審団を意味することもあり,さらにしばしばテスモテタイ (6人の年少執政官) の法廷をさすようにもなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘーリアイアの関連キーワード三十人僭主[古代ギリシア]ディカステリオンペリクレス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android