コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイトブリッジ Beitbridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベイトブリッジ
Beitbridge

ジンバブエ南端部の町。リンポポ川沿岸,南アフリカ共和国との国境近くに位置。 1929年建設。 74年南アフリカ共和国に通じる鉄道の開通により,交通の要地となった。農畜産物の集散地税関がある。人口 5330 (1982) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベイトブリッジの関連キーワードブラワヨ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android