ベイリス事件(読み)ベイリスじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ベイリスじけん【ベイリス事件】

帝政ロシア末期におけるユダヤ人に対する〈血の中傷〉事件。ユダヤ人ベイリスMenahem Mendel’ Beilis(1874‐1934)はその被告。1911年3月20日にキエフ市郊外で12歳の少年が死体で発見された。右翼国粋主義者による反ユダヤ宣伝が組織される中で,法務当局は事件捜査を〈祭儀殺人〉の線で進めるよう指示し,同年7月21日にユダヤ人ベイリスが逮捕された。これに対し,根拠のないでっちあげだとして,ロシア内外の各界から抗議の声が高まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android