コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイリス事件 ベイリスじけん

1件 の用語解説(ベイリス事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベイリスじけん【ベイリス事件】

帝政ロシア末期におけるユダヤ人に対する〈血の中傷〉事件。ユダヤ人ベイリスMenahem Mendel’ Beilis(1874‐1934)はその被告。1911年3月20日にキエフ市郊外で12歳の少年が死体で発見された。右翼国粋主義者による反ユダヤ宣伝が組織される中で,法務当局は事件捜査を〈祭儀殺人〉の線で進めるよう指示し,同年7月21日にユダヤ人ベイリスが逮捕された。これに対し,根拠のないでっちあげだとして,ロシア内外の各界から抗議の声が高まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベイリス事件の関連キーワードカデットさまよえるユダヤ人ヘルツルユダヤ暦ニヒリスト猶太ヨゼホフБиробиджанユダヤ自治州リビアのユダヤ人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone