コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベオグラード宣言 ベオグラードせんげん

2件 の用語解説(ベオグラード宣言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベオグラード宣言
ベオグラードせんげん

「ソ連=ユーゴ共同宣言」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベオグラード宣言【ベオグラードせんげん】

1961年,国連第16回総会を前にベオグラード開かれた第1回非同盟諸国会議で採択された宣言。反帝国・反植民地主義平和共存,全面軍縮などを唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のベオグラード宣言の言及

【ユーゴスラビア】より

…また,1953年のスターリン死後,対ソ関係は改善に向かい,55年フルシチョフ第一書記がブルガーニン首相とともにユーゴスラビアを訪問,詫びを入れてチトーと和解した。ソ連側の意図はユーゴスラビアを再びソ連圏に引き戻すことであったが,チトーはこれを拒否し,社会主義国間の関係といえども〈独立,主権,平等,内政不干渉〉の原則に基づくべきことを主張,この原則はその際出された〈ベオグラード宣言〉および翌56年チトー訪ソの際の〈モスクワ宣言〉に明記され,対ソ関係の原点として常に引用されるものとなった。 63年に新憲法を採択して国名を〈ユーゴスラビア社会主義連邦共和国Socijalistička Federativna Republika Jugoslavija〉と改称するとともに,自由な競争社会としての自主管理体制を定式化し,これに基づいて65年,貿易業務を含む思いきった経済自由化を断行した。…

※「ベオグラード宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベオグラード宣言の関連キーワードニベベオグラード条約小栗通常総会定時総会国連決議アルベオグラフ国連への加盟総会(国連)ベオグラード協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone