ベグラム(読み)べぐらむ(英語表記)Begram

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフガニスタンの首都カブールから北方約60キロメートルにある都城跡。ヒンドゥー・クシ山地南麓(なんろく)を流れるパンシール川沿いに立地し、インドおよび中央アジア方面への交通の要所にあった。1930年代から40年代にかけフランスの考古学者を中心に発掘が行われ、3時期の建物群を確認している。ギルシュマンはⅠ期を第一クシャン朝時代、Ⅱ期を第二クシャン朝時代にあてた。Ⅱ期には城壁がつくられ、インド、中国や地中海方面から伝来した多くの遺物が発見されている。Ⅲ期はクシャンの再興期のものと考えた。フランスの東洋学者フーシェはベグラムを、玄奘(げんじょう)の『大唐西域記(だいとうさいいきき)』にみえる迦畢試(かぴし)Kapisi国の新王都に比定した。

[寺島孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android