コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベチバ油 ベチバゆvetiver oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベチバ油
ベチバゆ
vetiver oil

イネ科の多年草ベチベル Vetiveria zizanioidesの根茎から蒸留により得られる粘稠な精油。火山灰地が本草の栽培に適するが,主としてインド,ブルボン島,ジャワ島,レユニオン島で栽培,採油されている。香水など高級香料の調合に不可欠であり,フランス香水の豪華な香りをつくる要素でパチュリー油と併用して東洋調の残り香を与える高価な精油である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベチバ油の関連キーワードジアセチル保留剤

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android