コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山灰地 かざんばいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山灰地
かざんばいち

戯曲。2部7幕。久保栄作。北海道十勝地方を舞台に,火山灰地という特有の土質を克服しようとする農業試験場長雨宮聡が,社会の壁にぶつかり,苦闘する姿を主軸に,地方の特殊性を描くことから日本農業に普遍的な性格を追求しようとした意欲的な大作。 1937年 12月および 38年7月の『新潮』に発表。第2部発表と前後して新協劇団初演。当時のきびしい検閲と軍国主義的な風潮のなかで,インテリゲンチアの良心の灯火を守った,新劇史上特記すべき作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かざんばい‐ち〔クワザンばひ‐〕【火山灰地】

火山灰に覆われている土地。
[補説]書名別項。→火山灰地

かざんばいち【火山灰地】[戯曲]

久保栄戯曲。2部7幕。昭和12~13年(1937~38)に発表。火山灰地帯である北海道十勝地方の農業試験場長雨宮聡が、古い生産関係と対立しながら、農民生活の向上に努力する姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

火山灰地【かざんばいち】

久保栄の長編戯曲。1937年―1938年《新潮》に発表。同年新協劇団築地小劇場で上演。北海道の火山灰地の農村を舞台に,封建的生産関係と,これを克服して農業技術改良を企てる科学者を描いた社会主義リアリズムの一代表作。
→関連項目宇野重吉滝沢修

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かざんばいち【火山灰地】

久保栄の戯曲。2部7幕。1937‐38年(昭和12‐13)《新潮》に発表,38年新潮社刊。久保の演出で同年新協劇団初演。リアリズム演劇のみならず,戦時下抵抗芸術の最高峰と評価された。北海道十勝平野の火山灰土への不在地主資本浸潤と科学技術発展の経路を客観的にとらえ,そこに日本農業のはらむ普遍的問題をえぐり出した。妻の父でもある師の説にそむき学問と生産の正しい関係を追求する科学者の良心が,国策を背景とする資本とぶつかるという主筋に,地主と農民,炭焼き,木工場の白系ロシア人や学生など多彩な群像を織りなし,家庭悲劇や農民運動の残照をも描き出している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かざんばいち【火山灰地】

火山灰に覆われている土地。土壌は赤褐色で軽く、水を吸収すると膨張し、また水分を発散すると崩れやすくなる。

かざんばいち【火山灰地】

戯曲。久保栄作。1938年(昭和13)刊。北海道の一農業都市を舞台に、多彩な人物群像を通して、資本主義下の農業の問題点を描き出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山灰地
かざんばいち

久保栄(くぼさかえ)の戯曲。2部7幕。1937年(昭和12)12月に第1部(4幕)、翌年7月に第2部(3幕)が『新潮』に発表され、同月新潮社より刊行。38年6月新協劇団が築地(つきじ)小劇場で久保演出により初演。プロレタリア演劇運動解体後ではあったが、演劇運動そのものがまだ大きなエネルギーをもっていた時代に上演され、「日本人と真正面から関係を結ぼう」(野間宏(のまひろし))とした戦前最後の戯曲で、観客に与えた衝撃は大きく、多くの人に絶賛された。
 初め十勝(とかち)地方の炭焼き一家を中心に構想されたが、たび重なる実地踏査を経て、50余名が登場する大作となった。1930~37年までの日本現代史の激動期を背景に、十勝の亜麻(あま)生産と肥料を研究する科学者雨宮を主軸に、農民や炭焼きたちの生きるための闘いを描き、肥料会社や農業組合の抱える矛盾を明らかにし、他方で作者の個的な苦悩(妻子との別離)をもひそかに書き込んでいる。久保独自の理論である「科学理論と詩的形象の統一」を目ざして、「つくる喜びと生きる呪(のろ)い」を込めた重い主題を詩情豊かに表現した戯曲である。[井上理恵]
『『久保栄全集3』(1961・三一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火山灰地の言及

【音更[町]】より

…東部の十勝川河畔には日本で唯一というモール泉(植物性)の十勝川温泉が,北部の駒場には広大な敷地の農水省十勝種畜牧場(1910開設)があり,観光客も多い。久保栄の戯曲《火山灰地》の舞台となった地で,文学碑もある。【奥平 忠志】。…

※「火山灰地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火山灰地の関連キーワード世界谷地原生花園中地美佐子真狩[村]鵡川[町]細川ひさよ富樫鉄之助裾野[市]奈良岡朋子満岡 照子波多野 憲粕川〈村〉追分[町]輝北[町]奈良原一高河野しずか伊藤熹朔久保 栄高橋征郎亀田半島吉行和子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火山灰地の関連情報