ベティ・ブープ(読み)べてぃぶーぷ(英語表記)Betty Boop

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベティ・ブープ
べてぃぶーぷ
Betty Boop

アメリカの漫画映画のキャラクター。三頭身半の愛らしくて色っぽい女の子。産みの親はフライシャー兄弟Max Fleischer(1883―1972)、Dave Fleischer(1894―1979)で、1931年から39年までに、ベティ・シリーズ89本が製作されたが、ベティおよびその前身のキャラクターが登場するほかのシリーズも含めると100本を超える。ミニスカートの左ももにガーターをちらつかせ、「ブープ・ウップ・ア・ドゥープ」と歌うセクシー・ボイスが、当時人気の歌手ヘレン・ケーンのまねであるとして、訴えられたこともある。1933年に、ヘイズ・オフィス(日本の映倫にあたる機関)から、エロティックすぎると警告を受けてから、しだいに魅力を失った。[森 卓也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベティ・ブープの関連情報