コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーター ガーター garter

翻訳|garter

6件 の用語解説(ガーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーター
ガーター
garter

靴下を留める用具。紐で結ぶもの,輪で留めるもの,上から吊ってクリップで留めるサスペンダー式のものがある。材質はゴムを織込んだ伸縮のきくものが多かったが,スパンデックス (弾性繊維) などの合成繊維や,パンティストッキングの普及につれて,次第に用いられなくなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガーター(garter)

靴下留め。特に、女性用のストッキングが落ちないように留めるもの。太ももに付けるガーターリングと、腰に付けるガーターベルトがある。

ガーター(gutter)

ガター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガーター

靴下留め。16世紀ごろから男性が用い,リボンを使ったはなやかなものもあった。現在は男性用には上からつってクリップで留めるサスペンダー式のものがあり,女性用には輪状のもののほか,靴下留め専用のガーターベルトがあったが,パンティストッキングの定着以来,ほとんど使われなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ガーター【garter】

靴下どめ。靴下つり。

ガーター【gutter】

ガター

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガーターの言及

【サスペンダー】より

…ひもの長さを調節する金具と,ズボンのボタンに掛ける穴かクリップ形の留め金具が端についている。サスペンダーは19世紀末からアメリカで使われた名称で,イギリスでは靴下留め(ガーターgarterとも)をさし,ズボンつりはブレーシズbracesという。1930年代までは一部の作業用ズボンにだけベルトが用いられ,男子用には必ずサスペンダーが使われていた。…

※「ガーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーターの関連キーワードサスペンダーストッキングガーターベルト靴下留め・靴下留ジャボダブレット慕容ガーターリングカセイ靴下留

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーターの関連情報