コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーター ガーターgarter

翻訳|garter

6件 の用語解説(ガーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーター
ガーター
garter

靴下を留める用具。紐で結ぶもの,輪で留めるもの,上から吊ってクリップで留めるサスペンダー式のものがある。材質はゴムを織込んだ伸縮のきくものが多かったが,スパンデックス (弾性繊維) などの合成繊維や,パンティストッキングの普及につれて,次第に用いられなくなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガーター(garter)

靴下留め。特に、女性用のストッキングが落ちないように留めるもの。太ももに付けるガーターリングと、腰に付けるガーターベルトがある。

ガーター(gutter)

ガター

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガーター

靴下留め。16世紀ごろから男性が用い,リボンを使ったはなやかなものもあった。現在は男性用には上からつってクリップで留めるサスペンダー式のものがあり,女性用には輪状のもののほか,靴下留め専用のガーターベルトがあったが,パンティストッキングの定着以来,ほとんど使われなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のガーターの言及

【サスペンダー】より

…ひもの長さを調節する金具と,ズボンのボタンに掛ける穴かクリップ形の留め金具が端についている。サスペンダーは19世紀末からアメリカで使われた名称で,イギリスでは靴下留め(ガーターgarterとも)をさし,ズボンつりはブレーシズbracesという。1930年代までは一部の作業用ズボンにだけベルトが用いられ,男子用には必ずサスペンダーが使われていた。…

※「ガーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーターの関連情報