コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベティ ベティBeti, Mongo

5件 の用語解説(ベティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベティ
ベティ
Beti, Mongo

[生]1932.6.30. フランスカメルーン,ムバルマヨ
[没]2001.10.8. カメルーン,ドゥアラ
カメルーンの作家。本名 Alexandre Biyidi-Awala。エザ・ボト Eza Botoの名でも作品を発表。フランス語で執筆。カメルーンのヤウンデ高等学校卒業後,奨学金を得てフランスに渡り,エクサンプロバンス大学で文学を専攻,のちパリ大学に移り卒業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベティ
ベティ
Betty, William Henry West

[生]1791.9.13. シュルーズベリー
[没]1874.8.24. ロンドン
イギリスの俳優。ベルファストで子役としてデビュー,「ヤング・ルシアス」と称され,1804~08年ロンドンでハムレットをはじめシェークスピア悲劇の大役を演じ,絶大な人気を得た。その後は不振で,24年に引退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タレントデータバンクの解説

ベティ


グループ
ベティ

グループメンバー
村上 理/永尾 宗大

職種
お笑い

プロフィール
村上理と永尾宗大によるお笑いコンビ。お笑いライブを中心に活躍。主な出演作品に、舞台『劇団コム第7回公演「スウィートリベンジ」』、お笑いライブ『東京タワーお笑いライブ333』『お笑いハーベスト』など。

代表作品
舞台『劇団コム第7回公演「スウィートリベンジ」』(2012) / お笑いライブ『東京タワーお笑いライブ333』(2012) / お笑いライブ『お笑いハーベスト』(2010)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベティ【Mongo Béti】

1932‐
カメルーン出身の作家。1951年に留学生として渡仏して以来,在仏。その小説はすべて生地南部カメルーンを舞台とする。当初より植民地における搾取の問題に注目,1950年代に4作を発表し,軽妙なタッチで白人植民者とフランス支配下のアフリカ人社会を風刺しつつ,自己の独立と尊厳を求める若いアフリカ人人物像を造形した。白人宣教師の活動を痛烈に風刺した《ボンバの哀れなキリスト》(1956)は,危険文書としてフランス,カメルーンで発禁とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベティ
べてぃ
Mongo Beti
(1932―2001)

カメルーンの小説家。カトリックミッションスクールに学びながら、在学中に信仰を拒否して放校処分を受け、公立高校に転校、のちにフランスに留学、エクサン・プロバンス大学とパリ大学で学んだ。反政府的言動のため祖国に帰れず、しばらくフランスのリセで教鞭(きょうべん)をとっていたが、のちに帰国して書店を開いた。初期の小説『残酷な町』(1954)、『ボンバの気の毒なキリスト』(1956)、『使命は終わった』(1957)、『奇蹟(きせき)の王』(1958)などで、異質な部族慣習をもつアフリカでのキリスト教伝道の限界と矛盾を、コミカルなタッチで風刺した。ほかに反植民地主義の評論集や、小説『ペルペチュと不幸な習慣』(1974)、『ルーベンスを想起せよ』(1974)、『ある道化師の滑稽(こっけい)な敗北』(1979)、それに80年代の連作『ギョーム・イスマエル・ドゼワダマの2人の母』(1983)、『ギョーム・イスマエル・ドゼワダマの復讐(ふくしゅう)』(1984)などがある。また、1978年に隔月刊雑誌『黒人、アフリカ人』を創刊し、91年まで作家たちに発表の場を提供した。[土屋 哲]
『砂野幸稔訳『ボンバの哀れなキリスト』(1995・現代企画室)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベティの関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベティの関連情報