ベマ・ウンバルマ伝(読み)ベマ・ウンバルマでん(英語表記)Padma 'od 'bar ma'i rnam thar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ベマ・ウンバルマ伝」の解説

ベマ・ウンバルマ伝
ベマ・ウンバルマでん
Padma 'od 'bar ma'i rnam thar

チベット仏教説話。作者,成立年代未詳。物語の舞台,内容からみて,インドの説話翻案であると思われる。作品は短い散文体の説明文を除き,韻文による対話形式で構成されている。口頭でも広く知られ,巡回物語師ラマ・マニおよび劇団アチェ・ハモ演目の一つ。行方不明の父を捜し求める少年ベマ・ウンバルマは,外道の王に捕えられ,父と同様,宝捜しを口実海中へ追放されるが,母の教えてくれた真言に守られ無事海中の宝玉を手に入れる。さらに金の小太鼓捜しを口実に魔女の国へ追放されるが,再び真言の助けで難題克服,帰還して,ついに外道の王を仏教に改宗させるという筋。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android