ベラドンナリリー(英語表記)Amaryllis belladonna; belladonna lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラドンナリリー
Amaryllis belladonna; belladonna lily

ヒガンバナ科の球根植物。南アフリカ共和国のケープ地方原産。Cape belladonna,naked-lady lilyとも呼ばれる。アマリリス属は 1属 1種の単型属で本来は本種をアマリリスというべきだが,かつて同じアマリリス属に含まれていたヒッペアストルム属 Hippeastrumアマリリスと呼ばれるため,本種はホンアマリリスの和名がつけられている。ヒッペアストルム属は花茎が中空で柱頭が深裂しているのに対し,ベラドンナリリーの花茎は中実で柱頭は分岐しない。また,ヒッペアストルム属は常緑であるが,ベラドンナリリーは開花時に葉がない。帯状の葉が根出し,中央に縦溝がある。花は花茎の頂部に 6~12個散状につき,芳香がある。7月頃球根を植え付け,日当たりと水はけのよい環境で育てる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android