コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラドンナリリー Amaryllis belladonna; belladonna lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラドンナリリー
Amaryllis belladonna; belladonna lily

ヒガンバナ科の球根植物。南アフリカ共和国のケープ地方原産。Cape belladonna,naked-lady lilyとも呼ばれる。アマリリス属は 1属 1種の単型属で本来は本種をアマリリスというべきだが,かつて同じアマリリス属に含まれていたヒッペアストルム属 Hippeastrumアマリリスと呼ばれるため,本種はホンアマリリスの和名がつけられている。ヒッペアストルム属は花茎が中空で柱頭が深裂しているのに対し,ベラドンナリリーの花茎は中実で柱頭は分岐しない。また,ヒッペアストルム属は常緑であるが,ベラドンナリリーは開花時に葉がない。帯状の葉が根出し,中央に縦溝がある。花は花茎の頂部に 6~12個散状につき,芳香がある。7月頃球根を植え付け,日当たりと水はけのよい環境で育てる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベラドンナリリー

アマリリス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android