コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガンバナ科 ヒガンバナか Amaryllidaceae

2件 の用語解説(ヒガンバナ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガンバナ科
ヒガンバナか
Amaryllidaceae

単子葉植物のヒガンバナ目の1科。約 100属 1000種あまりがある。全体としてユリ科に似た形状をもつが,花の子房が下位であること,花序が散形につき,その基部に薄い膜質の総包があることなどが,ユリ科との区別点とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガンバナ科
ひがんばなか
[学]Amaryllidaceae

単子葉植物。ユリ科に含まれることもあり、リュウゼツラン科を含める場合もある。多年草で、鱗茎(りんけい)がある。葉は根生し、線形。花序は散状、または単花である。花は両性、花被(かひ)片は三枚ずつ内外二輪に並び、多くは下部が合着して花筒をつくる。雄しべは6本。雌しべは1本、三心皮性で子房は下位。暖帯から温帯にかけて世界的に分布し、65属約860種あり、スイセンやアマリリスなど栽培植物が多い。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒガンバナ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物被子植物平行脈外種皮禾本科彼岸花網状脈田代芋単子葉類

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒガンバナ科の関連情報