ヒガンバナ科(読み)ヒガンバナか(英語表記)Amaryllidaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガンバナ科
ヒガンバナか
Amaryllidaceae

単子葉植物のヒガンバナ目の1科。約 100属 1000種あまりがある。全体としてユリ科に似た形状をもつが,花の子房が下位であること,花序が散形につき,その基部に薄い膜質の総包があることなどが,ユリ科との区別点とされる。しかしネギ属 Alliumなどは子房は上位でユリ科的であるのに,花序はヒガンバナ科的な散形であるなど,中間的な性質をもち,ユリ科に入れられたり,独立のネギ科とされることもある。同様にリュウゼツラン属 Agaveやユッカ属 Yuccaもこの科に入れられたり,独立してリュウゼツラン科 Agavaceaeとされたりして,分類学者の意見が分れるところである。花が美しいので園芸植物として栽培されるものも多い。アマリリス,ハマユウ,スイセン,タマスダレ,イキジアなどの属がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガンバナ科
ひがんばなか
[学]Amaryllidaceae

単子葉植物。ユリ科に含まれることもあり、リュウゼツラン科を含める場合もある。多年草で、鱗茎(りんけい)がある。葉は根生し、線形。花序は散状、または単花である。花は両性、花被(かひ)片は三枚ずつ内外二輪に並び、多くは下部が合着して花筒をつくる。雄しべは6本。雌しべは1本、三心皮性で子房は下位。暖帯から温帯にかけて世界的に分布し、65属約860種あり、スイセンやアマリリスなど栽培植物が多い。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒガンバナ科の関連情報