コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルガウム Belgaum

1件 の用語解説(ベルガウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベルガウム【Belgaum】

インド南西部,カルナータカ州北西端の商業都市。人口32万6000(1991)。西ガーツ山脈東麓の標高約700mの高原上にある交通の要地で,周辺の肥沃な平原からの綿花,米,粗糖,また山地からの木材を集散し,トラック車体,家具,食品などの工業が立地する。1210年に土着勢力のラッタ国の主都となり,16世紀には現存の壮大な城塞が建設された。1818年に英領となり,旧市の西に兵営地区が建設され,南西デカン地方における軍事根拠地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルガウムの関連キーワードバンガロールマイソールカルナチックケララカルナータカ音楽スカルホルトナーンタリヒンドゥスターニー音楽ベンガルールインフォシステクノロジーズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone