コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギー音楽 ベルギーおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルギー音楽
ベルギーおんがく

民族性,言語,風習などで異なっているフランドル地方とワロニア地方とに分けられるが,15~16世紀にはフランドル地方がポリフォニー音楽の巨匠たちを生み出し,音楽史上最も輝かしい舞台を提供した。 18世紀後半から F.ゴセック,A.グレトリーらのすぐれた音楽家がパリで活躍し,19世紀にはベルギー音楽の主流がワロニア地方に移り,H.ビュータンや E.イザイらのバイオリン楽派や C.フランクを生み,フランスの音楽界にまで大きな影響を与えた。同時に 19世紀後半から国民主義の風潮に乗り P.ブノアを中心にフランドル音楽の復興が叫ばれ,J.ヨンゲンらによる母語のオペラが作曲されたり,フランドルの民謡を用いた作品が作られた。現代の代表者は J.アプシル,M.プート,H.プスールらである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルギー音楽の関連情報