コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルタ砲 ベルタほうBig Bertha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルタ砲
ベルタほう
Big Bertha

第1次世界大戦中の 1918年3月末から8月初めにかけ,ドイツ軍がパリ砲撃のために使用した長距離砲。製作会社,クルップ社の女社長ベルタ・フォン・ボーレンの名を取ってベルタ砲と呼ばれたという。口径 21cm,砲身長約 35m,最大射程約 130km。ドイツ軍はクレピーからパリを無差別砲撃し,367発を撃込んで市民 256人を殺傷した。そのため別名パリ砲とも呼ばれた。なお,砲弾を約 70発発射すると砲腔が摩耗し,口径 24cmとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルタ砲の関連キーワードクルップ(Gustav Krupp von Bohlen und Halbach)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android