コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルタ砲 ベルタほうBig Bertha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルタ砲
ベルタほう
Big Bertha

第1次世界大戦中の 1918年3月末から8月初めにかけ,ドイツ軍がパリ砲撃のために使用した長距離砲。製作会社,クルップ社の女社長ベルタ・フォン・ボーレンの名を取ってベルタ砲と呼ばれたという。口径 21cm,砲身長約 35m,最大射程約 130km。ドイツ軍はクレピーからパリを無差別砲撃し,367発を撃込んで市民 256人を殺傷した。そのため別名パリ砲とも呼ばれた。なお,砲弾を約 70発発射すると砲腔が摩耗し,口径 24cmとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベルタ砲の関連キーワードクルップ(Gustav Krupp von Bohlen und Halbach)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android