コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルニサージュ vernissage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルニサージュ
vernissage

美術用語。本来は漆,ワニス,釉をかけることであるが,今日では次の3つの意味に使われる。 (1) 油彩画で油絵具のもつ輝きやつやを出し,画面を保存するためにワニス (ベルニ) を塗ること。 (2) 展覧会のレセプション。フランスでは展覧会が一般公開される前日,作品全体や退色した部分にワニスを塗る慣例があったことから,前日の招待をこの言葉で呼ぶようになった。 (3) 陶磁器を作るとき,素地の気孔をガラス状の層でおおい,表面に光沢や美観を与えるために釉をかけること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルニサージュの関連キーワードハベル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android