ベルベデーレのトルソ(英語表記)Belvedere Torso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ベルベデーレのトルソ」の解説

ベルベデーレのトルソ
Belvedere Torso

前1世紀中葉,ネストールの子アポロニオスが制作した大理石彫刻。高さ 1.59m。15世紀初頭の発見以来,バチカンベルベデーレ(展望室)に置かれているのでこの称がある。動的ポーズミケランジェロを驚嘆させ,メディチ家礼拝堂の『昼』の寓意像のモチーフを提供した。岩の前面に作者自身による署名があり,ローマ国立美術館にある有名な青銅像原作『拳闘士』と同一作者であることがわかる。バチカン美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android