ベルリン楽派(読み)ベルリンがくは(英語表記)Berliner Schule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン楽派
ベルリンがくは
Berliner Schule

音楽の楽派の一つ。北ドイツ楽派とも呼ばれる。 18世紀のなかばから後半にかけてベルリンでフリードリヒ大王宮廷を中心に活躍した作曲家たちの総称で,C.P.E.バッハ,グラウン兄弟,ベンダ兄弟,J.キルンベルガーらに代表され,器楽曲,歌曲の作曲のうえで前古典派として大きな役割を果した。またドイツのリート形式の確立に貢献した J.シュルツ,J.ライヒャルトらもこの楽派に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ベルリンがくは【ベルリン楽派】

一八世紀後半、フリードリヒ大王の宮廷で活躍した前古典派の作曲家たちの総称。北ドイツ楽派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android