コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルーノ Belluno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルーノ
Belluno

イタリア北東部,ベネト州ベルーノ県の県都。ベネチア北方約 80km,ドロミティ山脈を刻むピアベ川河谷を占める。古代からの都市で,ローマ時代にはベルヌムと呼ばれた。 1404年にベネチアと結び,1797年にフランスが占領するまで,その支配下にあった。 1813年オーストリアの手に移ったが,66年イタリア王国に帰属。ドロミティ地方探勝の基地で,観光と農業がおもな産業。ルネサンス様式の家々で囲まれたメルカト広場,16世紀建設の大聖堂前広場などがある。人口3万 5415 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルーノの関連キーワードコルティナ・ダンペッツォコルティナダンペッツォヨハネス・パウルス1世ヨハネ・パウロ(1世)ヨハネス・パウロ1世ブルストロンモンティリッチ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android